政治は恐ろしいねえこの国を良くしたいという気持ち

2020年09月16日

組閣そして認証式へ

昨日発表された自民党役員人事。幹事長に二階氏(二階派)、政調会長に下村氏(細田派)、総務会長に佐藤氏(麻生派)と、各派閥の大物が長老が揃いました。安定感ありますねー。

選挙対策委員長は山口泰明衆院議員(竹下派)、国会対策委員長は森山裕衆院議員(石原派)が留任の様子なんで、見事に派閥のバランスが取られてます。しっかり岸田派と石破派は外されてますね。

注目された官房長官は加藤厚労大臣(竹下派)だそうです。元官僚で加藤六月氏の娘さんが奥さんで、昔はし烈な五月六月戦争といわれた加藤六月氏vs江田五月氏の地盤を継いだと思われがちですが、実際には民主党に移籍した加藤六月氏の秘書だった加藤氏は、当時大人気だった橋本龍太郎総理の誘いを受け98年の参院選に立候補するも消費税導入の余波を受け落選。いろんな経緯があって今の地位を得てますので、政治家としては苦労の人です。

岡山はいろんな人いますからねえ。その昔は総理に一番近い人と言われた平沼赳夫氏が北の3区で確固たる地位を築いてましたが、前回の衆院選には出馬せず息子に地盤を譲るも選挙で落選してしまいました。

主要閣僚は再任ですね。麻生副総理兼財務大臣、茂木外務大臣、萩生田文科大臣、梶山経産大臣、小泉環境大臣、赤羽国交大臣、橋本五輪担当大臣、西村経済再生担当大臣兼新型コロナ担当大臣。

横滑りが河野太郎氏で、防衛大臣から行政改革・規制改革担当大臣です。入閣までは改革論者で平然とSNSで政府の悪口を書いてましたし、政治家としてはピカピカのサラブレッドなのに運転手も付けず電車で国会に行かれてましたが、入閣後は内閣の一員として不満を漏らさず職務を全うされてましたからねえ。いよいよ本領発揮といったところでしょう。

空いた防衛大臣は岸信夫元外務副大臣、総務大臣は武田良太国家公安委員長、農水大臣は野上浩太郎元官房副長官で現選対副委員長、とのことですから、身体検査といわれるスキャンダルの要素がないかどうかを調べる作業がないので、そういう意味ではスタート早々で腰折れってことはなさそうです。

法務大臣の上川陽子氏、厚労大臣の田村憲久氏氏、国家公安委員長の小此木氏も全員経験者ですから、知識ゼロってことはないでしょうし、こちらもスキャンダルの可能性はないでしょう。

デジタル担当相に平井卓也元IT担当大臣ってのがいいっすね。元電通マンですが西日本放送(RNC)時代は地上波デジタル導入に伴うサイマル放送対応とか陣頭指揮を切られてましたので、デジタル系については非常に詳しいと思います。最近RNCとつきあい無いなー。

あとは初入閣組が誰で、それがスキャンダルを持ってないかが気になりますね。平沢勝栄氏の入閣もありますので、そのへんは注視する必要があるでしょうね。下手に大臣就任パーティーとかやるだけでも「コロナ禍で参加費1人3万円パーティー!?」なんて上げ足とられかねませんからね。

とにかく脱アベノミクス。脱ムダ。脱アナログですよ。国勢調査が始まってますが、調査員には鉛筆・定規・紙が渡されて、それで調査エリアの略図を書き、そこに世帯主の氏名を記入して順に番号を振って、その番号通りに調査書類をポストに入れるとか言ってます。

アホですよねー。1人10万円配っても世帯リストが無いんですよ。こんなのデジタルデータがあれば、住所&氏名を印字して発送すれば終わりなのにねー。

とはいえ、今日からの2週間は早期解散があるかどうかに主眼が移りますので、議員のみなさんは選挙事務所を押さえたり、選挙活動用の車両確保したりに奔走することになりそうです。

gq1023 at 05:24
政治は恐ろしいねえこの国を良くしたいという気持ち