テレビは映像受像機へ政治は恐ろしいねえ

2020年09月15日

自民党総裁選

自民党総裁が菅さんで決まったそうです。このまま総理大臣になるでしょう。正直、私の感想を率直に言わせてもらうと「町会長選挙みたい」な感じですね。おじいさん達が集まって、おじいさんの顔役を決めてるだけ。そんな感じです。

この完全リモート時代に古いね。印鑑と通帳を持って金融機関に行く人たちですよね。そんなの今どきの若者にいませんよ。記帳なんてしたことないって人ばっかりなのに、印字された通帳が残高の証明だと思ってる人ね。今や通帳に記載された文字なんて何の値打ちもありません。

「麻生さん、私が河野を担げば総理になりますよ」ってのが菅さんの決め手だったんでしょうね。「私が総理なら、もし安倍さんが治ったら来年の自民党総裁選で再選だってあり得る」ってのも、多くの自民党議員に共感を得たんでしょう。

ただね、新しい感じは全くしません。組閣してみないと全体像は見えませんが、ほとんどの閣僚は留任しますよね。今や海外への外遊も外交もないわけで、だれが総理でも国内情勢専門なんだから変わらないと思いますが、それにしても地味っすね。

国対と戦対が決まれば臨時国会と解散総選挙の話しに移行していきます。さーてどうなりますかね。今日から解散を見越しての票読みとなります。

gq1023 at 05:38
テレビは映像受像機へ政治は恐ろしいねえ