富士スピードウェイで日本オーチス社長事故死永遠の夢「三菱航空機のジェット旅客機」

2020年08月15日

敗戦の日

sansaru日本政府が今だに終戦記念日と呼ぶ日がやってきました。戦勝国が敗者を裁くという歴史上最低の行為が行われ、終戦後に多くの人々が死刑になった東京裁判が行われた国です。戦争は国と国の戦いであり、個人は命令に従っただけだし、終戦後に生き延びた人を殺すと言う行為が正しい行為であるとは世界中が思わないでしょうが、実際に行われたのです。

なぜ日本政府は8月15日を敗戦の日と認めないのでしょう。連合軍側の各国やアメリカに東京裁判の間違いを問いたださないのでしょう。この立ち位置が間違っている以上、いまだに連合国側が大量に日本の領土を占領し続ける状況は終わりません。

南部樺太および千島列島全域は歴史から見て日本の領土です。占領されたとしてもソ連にであって、今のロシアに偉そうにされる覚えはありません。そもそも、なぜ北方領土が4島だという話しになったのでしょう。4島だと言うから、その4島ですら返還される目途が立ちません。

中国は尖閣諸島が固有の領土だと言いますが、中華人民共和国が出来たのは1949年ですよ。何百年前の話しを持ち出してるのでしょう。そしてなぜ日本政府はハッキリと「建国70年程度の国に言われる筋合いはない」と言い切れないのでしょう。

朝鮮半島は日帝支配時代に近代化が押し進められました。南北の分裂は日本が引き起こしたわけでもなく、歴史的にも朝鮮半島は常に分断を繰り返してます。どさくさ紛れではあるけれど、戦後補償もやってる。なぜ日本政府は何度も謝罪を繰り返してるのでしょう。

日本には非核三原則(もたず・作らず・持ち込ませず)がありますが、アメリカ軍の空母は大量の核兵器を載せたまま日本に寄港しています。正しくはハワイで搭載したのに途中でどこにも寄港しないまま日本にやって来ます。非核三原則なんて存在してないのと同じです。

こういう当たり前のことを言うと「右翼だ」と言われます。これはタブーなのです。野党はおろか、テレビの報道番組やバラエティ番組出演者ですらこの種のことは言いません。本当に情けなく悲しいことです。

でも、この国を守るために戦い、命を落とした方々が1つの神社に祭られています。歴史上いろいろな問題はあるでしょうが、第二次世界大戦で命を落とされた方々を国が公式に追悼する施設を作らない以上、その神社にお参りするしかありません。

政府の戦没者追悼式は日本武道館で例年の6千人以上規模から1500人未満に絞って実施されます。その神社は通りを挟んで向かい側。歩いて数分の神社にお参りできない情けない閣僚。その中には、大戦当時に国会議員だった子孫までいます。それが総理大臣までやってるとは誠に情けない。

国のために命をささげたんじゃない。国に殺されたわけです。職業軍人は理解できるけど、普通に農民や大学生だった人々が強制的に戦地に送り込まれ、敵の攻撃で亡くなったならまだしも、何の補給もないまま餓死したり疫病で亡くなられた方も大勢いたわけです。

学徒出陣の映像を見ると涙が込み上げてきます。各大学の校旗を先頭に歩く学生達。このほとんどが戦地から戻って来れませんでした。戦闘を学んでないタダの学生なんだから当たり前です。閣僚ってのは、彼らへの謝罪&贖罪のお参りも出来ないものなのでしょうか?

多くの人々による命がけの努力もむなしく日本は無条件降伏しました。戦争をくい止められなかった国会議員達は「あれは軍部の暴挙だ」と言い張って戦後も生き延び、今だに子孫が国会議員に名を連ね、世界各国にヘーコラするだけの日本を続けています。

アメリカの植民地ならアメリカ軍の駐留費用はアメリカが払うでしょう。でも日本は属国以下の奴隷扱いなので、駐留費用や基地の維持管理費用は全額負担。武器は本国の3倍以上の値段で買わされ続けています。本当にお国を守るために命を失われた方々には申し訳ない。でもそれが現実です。

昭和20年8月15日は敗戦の日。そして今も六本木のど真ん中にアメリカ軍ヘリポートがあり、広尾には将校用ホテルが存在しています。そう今日は終戦の日ではなく敗戦の日。まだまだ戦敗国としての奴隷扱いは続いています。

いつもは当日に行かないのですが、今年はウォーキングを兼ねて寄せていただこうと思ってます。




gq1023 at 05:29
富士スピードウェイで日本オーチス社長事故死永遠の夢「三菱航空機のジェット旅客機」