次の感染爆発に備えて富士スピードウェイで日本オーチス社長事故死

2020年08月14日

デマを人に広げないために

shこのブログでは2月から新型コロナに関するデマが流れてることへの警鐘を鳴らして来ましたが、残念ながら広告業界やメディア業界といった方々からもデマが回って来る事例が多く見られました。

「武漢で医療支援にあたっている医師の両親が」
「クルーズ船対応している自衛官の知り合いが」
「大学病院の医師からの」
「友人の友人がコロナに感染」
「ジョンホプキンス大が」

よくまあ次々デマが登場するもんだと思いますが、これを真に受けて他人に流す人もヒドイもんですよ。それやってるの老人じゃないですからね、50歳未満でも平気で流してる。そりゃあオレオレ詐欺がなくならないわけですよ。

「お湯飲め」「ウイルスは熱に弱い」「枝豆で感染」とか秒速で分かるウソばっかり。だけど「需要な情報を入手したから広めてあげなきゃ」とデマを拡散させるんですよね。

ちょっと怪しい情報があったら、ファクトチェック・イニシアティブで確認してみてください。常にトップページに設定してもいいかもしれません。新型コロナウイルス特設サイトも用意されてます。

海外の製薬メーカーは「ワクチン開発が最終段階に入った」等と記者会見を繰り返し、まるでそれが真実であるかのようにメディアも流してます。臨床試験が第三段階に入っただけで、このままだと安全性試験が終わってない薬が市場に出回り、重大な薬害を起こす危険性があります。

残念ながら世界中の指導者もデマを拡散させてます。日本のトップはまるでアビガンが特効薬であるかのように発言。アメリカのトップは抗マラリア薬が予防にいいと発言したために信じた方が亡くなりました。ロシアのトップはワクチン開発に成功したかのように言ってます。

全部ウソです。新型コロナウイルスを制した者はいないのです。

ネットで見たこと、テレビで見たこと、そんなの全部ウソだと思っていかないと危険です。いつも災害が発生する度に書いてますが「デマの起点にならないように」への注意が大切だと思います。

国連「ちょっと待ってキャンペーン


gq1023 at 07:03
次の感染爆発に備えて富士スピードウェイで日本オーチス社長事故死