瓶のキリンレモンが販売終了アメリカや香港で起きている事

2020年08月11日

全日本ロードレース選手権第一戦

sjikeこれまで長らく都道府県をまたいでの移動は謹んで来ました。唯一の移動は伊豆への日帰り出張のみ。でも、今回は全日本ロードレース選手権第一戦のため、宮城県のスポーツランドSUGOへと足を運ばせていただきました。

各種報道のように、昨日の決勝レースで死亡事故が発生しました。信じられないことに、全日本ロードレース選手権が開催されるサーキットの中で、最も低速のコーナーであるSUGOの二輪専用シケインでのレーシングアクシデントによるものです。

SUGOは馬の背と言われるコーナーを過ぎると、山を一気に下るような高低差でSPイン・SPアウト・110Rとハイスピードでフルバンクが必要となる場所を通過した後、二輪レースの場合のみ使われる減速用の鋭い角度のクランク状となったシケインが訪れます。

ここを抜けると長い登り区間ですので、このシケインから最終コーナーの通過速度が全体タイムに大きく影響するので、誰もがここの攻略を考えるのですが、110Rを抜けてからのアプローチが分かりにくく、非常に難しいポイントでもあります。

昨日の事故は、まさにこのシケインで発生しました。先にアプローチした岩崎選手が転倒。不運にもそこに後続車が来てしまい重大死亡事故となっていましました。

岩崎選手は、関東レース界に突然現れました。それも三兄弟で、参戦する全てのレースに優秀な成績を出しまくり、一気にトップカテゴリーである全日本ロードレース選手権にまで登りつめました。そのインパクトは本当にすごかった。

全日本ロードレース選手権でも長らく我々と同じクラスに参加していた関係で、ライバルとしてではありましたが、様々な交流がありました。

普通のライダーはドクターヘリなんて1回乗れば十分ですが、一番記憶に残っているのは九州オートポリスでのアクシデント。ドクターヘリに乗せられた岩崎選手が、数時間後に戻って来て「全然大丈夫ですよ」と言ってたのが思い出されます。

今年は長年乗ってきたカワサキからマシンをヤマハにスイッチして、クラスも昨年で廃止となったJ-GP2からST1000に変更しての参戦でした。コースには沢山のお子さんと奥様もおられました。短い夏休みに、目の前で大切な家族を失うことになった皆様は、さぞかしショックでしょう。

後続車のライダーも経験豊富なベテランです。彼の心の傷も大変なものでしょう。何よりも、岩崎選手を知るすべての人々が大きなダメージを受けたと思います。

80年代と比較してレースは飛躍的に安全になりました。でも危険と隣り合わせであることも事実です。ライダーは命がけでレースするなんてメディアの方々は表現しますがそんなヤツいません。サーキットは安全だと思うから参戦してるんです。

近しい方々の悲しみは大変大きいものだと思います。レース界が失ったものも大変大きなものです。まずは故人のご冥福をお祈りいたします。

gq1023 at 07:27
瓶のキリンレモンが販売終了アメリカや香港で起きている事