今こそ「リスク・コミュニケーション」を夜の街アラートで22時までに自粛

2020年08月03日

ガス爆発の恐怖

gas福島県郡山市のしゃぶしゃぶ温野菜爆発事故なんですが、建物被害は総計184棟で一番遠い被害は約500メートル先までとのことで、これはとんでもないレベルの爆発ですね。

2018年12月に札幌でアパマンショップが吹っ飛ぶ爆破事故がありましたが、あれが爆発的燃焼だとすると、今回のは爆発というか爆轟って感じですね。まさに爆薬が破裂した状態。

アパマンショップは除菌消臭スプレー120本のガス抜きをした後、湯沸かし器をONにした瞬間に爆発したと言われてました。今回のはプロパンガス3本が開いていたと言われてますので、そりゃあ規模はぜんぜん違う。

だけど、渋谷の温浴施設が爆発した事故は天然のメタンガスが原因だったらニオイはしなかったと思いますが、ここまでの規模のプロパンガスの爆発が起きるなら、室内に入った瞬間にニオイしますよ。しかもプロパンは下に溜まるんでドアを開けた瞬間にガスは外に出ちゃうでしょ。

右隣のいきなりステーキや左隣のプレハブオフィスは、爆破店舗に面してる側の壁面は木っ端みじんです。ガス爆発や火災って周辺に被害を出しても賠償責任ないんで、やられ損ですからねえ。

新型コロナ感染拡大で話題になってませんが、どうなればプロパンガスでここまでの爆破事故がおきるのかを教えて欲しい所です。

baku

gq1023 at 04:48
今こそ「リスク・コミュニケーション」を夜の街アラートで22時までに自粛