感染拡大でも経済優先今こそ「リスク・コミュニケーション」を

2020年08月01日

無症状&軽症感染者を把握してるのに・・・

3月・4月は37.5度以上の発熱が4日以上続いているか、中国は武漢に関連するに地域や人との接触がなければPCR検査は受けられませんでした。だけど、私の周囲には院内感染で陽性反応が出た薬剤師。雪まつりに行った広告代理店社員等の感染者が出ました。

今回は、武漢縛りや37.5度以上4日縛りがないので、メディアでは感染者数と称されている陽性反応が出るウイルスキャリアが多数出るのは当たり前です。問題は、その中で4日以上の発熱といった軽症化する方がどのぐらい出るかです。

無症状キャリアからの発症や、軽症からの中症化ってのは、今後の傾向把握において重要な指針のはずなんですが、こんなに無症状や軽症のウイルスキャリアが判明してるにも関わらず、政府は国会も開かず、民主党政権時代に制定された新型インフルエンザ特別措置法(改)以外の法整備をしていません。

ウイルス感染の第二波に備えると言われますよね。我々イベント屋で言えば非接触式体温計・アルコール消毒液・消毒液用ボトル・ハンドソープ・紙タオル・裏方用黒マスクを多数用意してます。だったら立法府である国会は法整備でしょ。それをやらないなら国会なんて無くていい。

国民の主権を侵害することへの抵抗は分かりますが、だからといって新しい感染症に対して無防備だったり、自民党政権下での法整備検討を放棄するのはおかしいと思います。

夏は感染伝播が限定的だからこの程度なだけですよ。冬へ向けてウイルスキャリアが着々と増えてるということは、秋以降に新型コロナキャリアのインフルエンザ罹患者が大量に出て来ます。体力が弱ればサイトカインストーム(免疫の暴走)の危険が高まり、重症化する方も増えるでしょう。

テレビ出演者やテレビに出て来る専門家と称する人がこういう当たり前のこと言わないから国民は分からない。分からないうちにウイルスだけは着々と広まってます。そして何らかの別の病気に罹患したり、免疫低下や体力低下のタイミングで大暴走します。

すでに新型コロナ患者を受け入れてる日本の医療機関では重症化する傾向把握が出来てます。50歳以上の男性、BMI25以上の肥満、喫煙者、日常的にアルコールを摂取する方が大半。そして飲食店・風俗店・満員電車で感染してる。

満員電車については政府や医療関係者は感染源としません。なぜなら公共交通機関が止まったら社会が止まるからです。これは無くすように生活者や企業経営者が努力するしかないのです。

ただ、飲食店の禁煙化が法律で定めれたにも関わらず、店内喫煙を許可しているアルコールが飲める店は危ない。東京はテーブルは小さいし、テーブル間隔も狭いからソーシャルディスタンス確保が難しく、満員電車の多さも含めると感染拡大の温床になってるのは分かりやすい流れです。

私は電車を止めるべきだと2月から言ってます。おそらく多くの保健所関係者も同意するでしょう。感染経路不明者とされてる方のうち、15分通勤で以上電車に乗るって方の割合はハンパないですから。濃厚接触者調査でも「ということは電車しか考えられないですねえ」と言われた方は多いといますよ。

とにかく傾向把握が出来ている以上、政府は国民に伝えると同時に法整備をやるべきですよ。発症者の爆発的増加は目に見えてる。インフルエンザ流行期まであと3カ月しかないことを記しておきたいと思います。

gq1023 at 08:12
感染拡大でも経済優先今こそ「リスク・コミュニケーション」を