水害による世界経済への影響について脱ダム宣言から19年

2020年07月09日

なんて年だ!

tenki熊本県の人吉温泉が大きな被害だというので情報を集めていたら、大分県日田の天ケ瀬温泉は温泉街もろとも壊滅だという。湯布院も大きな被害。熊本では杖立温泉が孤立。福岡県朝倉市の原鶴温泉も。岐阜県では下呂にダメージとのことですが温泉は大丈夫らしい。

やっと新型コロナの休業から開けて、夏休みへ向けてGO to キャンペーンという矢先にこのダメージは辛すぎますよ。上津江、中津江で各所が崩落してるので、オートポリスへのアクセスもダメージ受けてるのでしょうか。

この線状降水帯による被害ですが、2014年の広島で大災害を発生させて以降、毎年のように大きな被害を出してます。この勢いで毎年発生するなら、川沿いや浸水危険地域の人々の集団移転も必要かもしれませんよね。毎年「こんなことは今までなかった」と言っても意味がない。

今までは、北の高気圧と南の太平洋高気圧に挟まれて梅雨前線が停滞し、太平洋高気圧の南に発生した台風が大量の雨を運んで来て、大量の雨を降らせると言われて来ました。しかし今回は台風なんて全く発生していません。

代わりに存在しているのは超巨大な太平洋高気圧。昨夜21時の天気図を見れば分かりますが、大きすぎて日本周辺からかかるラインが東南アジアまでかかってます。スコールが当たり前のフィリピンやインドネシアから梅雨前線に雨を運んできてることが分かります。

台風が雨を運んでくるより状況は深刻です。まず運んでくる雨の量がケタ違いであること。次に通常は台風の北上に従って梅雨前線が北上しますが、台風がないので2つの高気圧は相当日数停滞するでしょう。なぜお天気アナウンサーやメディアはこんな重要なことを説明しないのでしょうか。

気象庁も変ですよね。地域の管区気象台が記者会見してます。どうした本庁。在宅勤務でもしてるのかな?政府も史上空前の水害発生が予想される事態を予見できてますかね?これから毎日被害エリアに東南アジアばりのスコールが降るんですよ。シャレになってない。

今回も各所でバスやタクシーが水浸しで廃車となる事態になってます。公共交通機関全滅ってエリアが出てる。雨の際は高台に移動って方針は国交省が出してますが守らないのでしょう。避難が遅れて救助要請する住民も山のようにいます。避難所に行かないのでしょう。

学ばない国民と危機感のない政府。総理は「密を避けた避難所運営を」とかバカなこと言ってますよ。「ゆるみが見られる」と政府や兵庫県出身の知事に上から目線でクレームつけられてる都民の一人として言わせてもらいますが、ゆるみが見られるのはどっちだって感じです。

明日は我が身。九州におきたことは東海地方にもおきた。四国・中国・近畿・関東・東北だっておきるんです。政府には先回りした対応検討と、分かりやすい指示をお願いしたいと思います。

gq1023 at 05:13
水害による世界経済への影響について脱ダム宣言から19年