まだまだ伝わってない「密」の恐怖テレビで恐怖をあおるな/あおりに乗せられるな

2020年04月10日

なぜか報道されない自衛隊の貢献

hospitalダイヤモンドプリンセス号で様々な活動を展開した自衛隊。ですがメディア報道がほとんどありません。結構最前線の危ない作業やってたんですけどねえ。ワイドショーって変ですよね。

多くの医療機関や医者がビビッて発熱者の外来受診は受け入れないし、入院施設がある病院でも感染者の受け入れ拒否だらけ。おかげで陽性患者が自宅待機という名の野放しになってます。

勇気あるお医者様が診断して、発熱と肺炎の兆候があると保健所に連絡しても、各保健所は対応能力を超えているのでPCR検査を受けさせたくないというのが実情です。だって陽性反応が出たら、毎日電話で確認しなきゃいけないし、クラスターも追わなきゃいけない。

写真は陸上自衛隊衛星部隊の特殊車両。すでにPCR検査支援の訓練をして、出動要請が来る時を今や遅しと準備してます。芸能人の街と言われる三宿には自衛隊中央病院があって、高度医療の提供を準備しています。

4月6日には、東京都からの災害派遣要請を受け、自衛隊は軽症者のホテル移送やホテル内での活動支援をやってます。現状は13日までとなっていますが、これから受け入れ先が増加するので、継続的に支援となるでしょう。

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでも自衛隊は大活躍。船内外で活動してたんですよ。検体採取も自衛隊医療関係者の役割です。映画FUKUSHIMA50で福島第一原発で自衛隊が何をしたかがやっと出て来ましたが、困ったときの自衛隊です。

いよいよ屋外に発熱外来を設けて次々PCR検査をする段階です。大型テントで野戦病院を設置するなんてのが出来るのは自衛隊。民間の自衛隊借り上げ船「ナッチャンworld」「はくおう」があるので、海沿いに設置するんでしょうね。オリンピック用地いくらでもありますからね。

日本は病院船がないんです。理由は「戦争しないから」だそうです。バカでしょー。こんなに海に囲まれてるのに海上保安庁も自衛隊も持ってない。昨年8月の笹川平和財団の記事にもあるんですが、何度も議論されてるけど保有してない。今後は保有することになるでしょうねえ。

自衛隊の存在自体に異論を唱える政党や個人もいますが、そうは言っても必要なんです。感謝の心を持って活動していただきましょうよ。自衛隊による発熱外来設置&大量PCR検査の実施は国民を救う行為になり得るんじゃないかと思ってます。
toyoko1 (1)
_20200409_230215
_20200409_230054
_20200409_230122

gq1023 at 06:55
まだまだ伝わってない「密」の恐怖テレビで恐怖をあおるな/あおりに乗せられるな