世の中の認識と専門家で考え方が違うオーバーシュート戦っているのは皆同じ

2020年04月07日

私論「感染拡大について」

人間は外気を吸って生きています。この外気には多くのほこり・菌・ウイルスが含まれています。これを最初に防御するのが鼻と喉です。

鼻と喉には粘膜があり、そこに繊毛という短い毛があって、毎分約1,000 回もの振動(繊毛運動)によって異物を除去しています。異物を含んだ粘液は鼻水や咳として体外に出されたり、鼻から喉を通って食道へと追い出されたりします。

咳を我慢する・鼻をすするのはウイルスや菌の排除を妨げる危険な行為です。また誤嚥は粘膜のウイルスを気管や肺に送る可能性が高いので要注意です。

欧米では鼻水をハンカチでかみますが、ウイルスや菌がついたハンカチがポケットにあり続けるわけで危険なのに、手を握る挨拶が一般的なので、感染拡大のリスクを持っています。また、人前で咳を我慢するという人々も多いことも、感染拡大の要因と考えています。

日本で危険なのは公衆トイレのウォシュレットとハンドドライヤー。鼻をすする習慣。飲食店のテーブル備え付けになってる調味料や箸ですね。

世界中で危険なのはスマートホンを触りながらの飲食。そしてウォーターサーバーのレバーも危ないと思ってます。

ニューヨーク州における新型コロナウイルス患者受入可能病床数は合計53,000床、東京都は700床を1,000床に増やしますとか言ってますが、レベルが違い過ぎるので、感染しても病院で治療が受けられる可能性はないと考えるしかないと思ってます。

gq1023 at 06:49
世の中の認識と専門家で考え方が違うオーバーシュート戦っているのは皆同じ