編集点で変わる記者会見の中身私論「感染拡大について」

2020年04月07日

世の中の認識と専門家で考え方が違うオーバーシュート

overメディアはオーバーシュートを爆発的感染拡大と位置付けていて、それを信じてる人々がヒステリックに緊急事態宣言をと叫んでますが、オーバーシュートってのは医学的&社会経済学的に許容できる能力を超えた状態です。

風邪の原因は9割がウイルスによるもの。その1位がライノウイルス、それに次ぐ2位がコロナウイルスなので、風邪が世の中から撲滅されてないことから分かるように、新型コロナウイルスも世の中から消え去るなんてのは夢のまた夢です。

ただ新型コロナウイルスは「まれに重症化する」「重症化すると数日で死に至る」ってことが怖いわけです。ですから今重要な点は、重症化した際の治療法や治療薬を見つけることなんですね。専門家会議でもそう言ってる。

医療崩壊の危機って言ってますが、それはまた別の次元の話しで、オーバーシュートの懸念が見られれば医療体制を変えなきゃいけない。院内感染がおきないように発熱者を受け持つ発熱外来を設置して、様々な検査を迅速に進められるようにする措置ですね。

今回は何もしなかったから発熱があれば町医者に行くしかない。町医者は発熱が続いて肺炎を疑わせる兆候があれば保健所にPCR検査の依頼をする。保健所は「帰国者・接触者外来(医療機関未公表)」へ連絡しろとなる。

だけど医療関係者がビビッて診察引き受けないし、陽性反応が出ても受け入れないってのが今なんですね。もう医療崩壊ですよ。なぜPCR検査の数が増えないかって?病院が診察しないからに決まってるじゃないですか。

医療崩壊を防ぐには、診察を幅広く受け入れる発熱外来が必要で、それと同時に風邪症状しか出ない大半の軽症者を法律に基づいて隔離する施設が必要。これはようやく着手されました。ここが一番遅れてた部分ね。政府が特措法チーム作ったの13日前の3月26日ですよ。遅い!

陽性となる患者の増加がなだらかな曲線を描いていて、隔離患者数も徐々に増えているうちはオーバーシュートにならない。どうすれば患者の増加を抑えられるのか?それが外出自粛なんですよ。正しくは接触者数を増やさないって感じですね。

伝染病の発生と感染拡大は数式で求められるんですが、その数式はここでは省きますね。ただ、1人が毎日5人接触する場合と10人接触する場合を比較すると感染のピークが5倍以上になります。

とにかく家にいる時間を長く取る。極力人と接触しない。スーパーのレジ待ちなんか危なくて仕方ない。そして、感染しても軽傷のうちは病院に行かないことですね。隔離入院はつまんないし、重症化したって治療法ないんだから。

ここまで感染拡大してくると新型コロナウイルスとは出会ってるでしょうね。鼻とのどが繊毛運動によって咳・痰・鼻水として体外か食堂へと追い出してくれてるのでしょう。誤嚥が怖いですね。感染しても発症しないように免疫力を高めましょう。

そういえば、咳や痰はウイルスや菌を体外に排出する行為ですから、止めちゃいけないですよ。欧米で感染拡大速度が早いのは、くしゃみを我慢する文化と、ハンカチで鼻をかむ文化だとされてます。確かにウイルスいっぱいのハンカチがポケットにあったらやばいっすね。

まあオーバーシュート前に緊急事態宣言を出すそうですから、ここからは強制力を持ったより強い法案の整備に着手という流れになります。今日は街やスーパーが混雑しそうなんで、どこにも行かないようにします。

gq1023 at 05:50
編集点で変わる記者会見の中身私論「感染拡大について」