指定感染症第二種なので陽性なら入院「私の知り合いの知り合いがコロナ」はデマ

2020年04月02日

いただける物に文句つけるようになってはいかん!

総理が「洗濯して繰り返し使える布マスクを5千万余りある全世帯に2枚ずつ配る方針」を発表したそうですが、えらく反発してる方々が多いようですね。いただける物に文句つけるようになってはいかん!と思うんですがねえ。

私達は、送っていただいた物で不要という方がいればお申し出いただき、地域で備蓄しようかと言ってます。ガーゼマスクを送るってことは、よっぽど紙マスクが手に入らないんでしょうねえ。飲食店やお弁当屋さんはマスクしないでやってるのかなあ?

いらなきゃ黙って捨てればいーじゃないですか。「そんな無駄遣いするな」とか「ふざけてる」って話しでしょうか?お肉券でもお魚券でもいただけるならもらえばいーじゃないですか。ありがたくいただいて大切に使いましょうよ。

マスクを毎日つくってる人がいるんですよ。その人々の気持ちを考えてますか?マスクをなんとか配りたいと思った政治家や官僚がいるんですよ。それを命じられて必死に集めた職員がいるんですよ。その人々の気持ちに寄り添ってますか?まさか批判されるとは思ってないですよ。

その思いの塊である製品を袋に詰めて、封筒に入れて、それを出来る限り早く届けようと郵便職員が仕分けして配達してくれるわけでしょ。私は、このマスク到着時を狙ってポストから盗む人が山ほど出るんじゃないかと、そっちを心配してます。

病院・学校・保育園等には厚生労働省からマスクが送られてます。こちらはようやく機能してきましたね。政府が買い取って分配するって事には疑問の声が挙がってましたが、学校お休みにする時も「理由は?」とか「共働きを無視してる」なんて声が挙がってましたもんね。何やっても政府ってのも文句言われるんで、やらないよりやったほうがいい事はやっていいですよ。

思えばいろんなデマがありました。全部メディアを通じて広がったデマです。おかげでメディアを信じない人も増えて来ちゃった。
「中国で謎のウイルス性肺炎が広まってる」
「人から人への感染は見つかっていない」
「こうもりを食べる習慣から感染」
「コロナウイルスはアルコール消毒で膜を破壊できる」
「手洗い&うがいのインフルエンザ対策で大丈夫」
「正しく恐れましょう」
「若い人は大丈夫」
「若い人が感染を広めている可能性が高い」

政府も2月12日に「来週以降、週に1億枚以上供給できる態勢が整う」なんて言ったから、誰も発言を信じなくなった。「トイレットペーパはある」「米はある」「買占めはやめてください」なんか言うたびに、生活者は「それがなくなる!」と思うようになってますよ。

私のブログに書きましたが、1万1千社の大企業が1万枚づつ買ったら1億枚ですよ。中小企業は380万9,000社ありますからね。1000枚づつ買っても38億9千枚。4千万世帯が50枚入り2箱買ったら40億枚。なんだ1億枚って?今は6億枚とかいってますが、ぜんぜん足りてない。

いただける物は感謝の気持ちを持って大切に使うでいいじゃないですか。気になってるのは、病院や保育園に配ってるマスクですがね、職員たちが毎日数枚程度を家に持って帰ってるわけですよ。それは問題!早く普通に買えるようにしてください。

gq1023 at 19:33
指定感染症第二種なので陽性なら入院「私の知り合いの知り合いがコロナ」はデマ