対岸の火事(今一度このウイルスを振り返ろう)言葉の意味が分かりませーん!

2020年03月24日

NHKスペシャル「パンデミック”との闘い」

本日2020年3月24日(火)、NHK総合午後11時50分〜0時55分再放送の「“パンデミック”との闘い 〜感染拡大は封じ込められるか〜」が話題です。

東北大学の押谷仁教授が登場。厚労省クラスター対策班で北海道大学西浦博教授とともに陣頭指揮をとる重要人物。顔出しした上で客観的に現在の危険性を伝達。

私がバカなんで再放送を録画して見直さないとちゃんと理解できないけど、現状でのうる覚えによる理解は次のとおり。

・中国からの第一波を受け流したばかりで第二波に備えよ
・PCR検査は増やすべきではない(検査数を増やせば医療崩壊)
・オーバーシュートが発生すれば日本でも医療崩壊
・感染者の8割は人に感染させない

雰囲気として伝わってきたのは、満員電車に乗ってる都市部は感染者だらけのオーバーシュート状態なんだから検査しないでいいよと。全数検査できるようになっても即座に医療崩壊で自宅隔離だから一緒だよと。

専門家が「人が集まる場所に行かないほうがいい」と言っったら「行っちゃダメ」と理解しろと。イベント自粛はイベント禁止だと。いつのまにかウイルスもらって、いつのまにか治ってる人がどんどん増えて、それが70〜80%になると鎮静化するよと。

そんな感じに思いました。今晩もう一度見てちゃんと理解してみます。

gq1023 at 07:18
対岸の火事(今一度このウイルスを振り返ろう)言葉の意味が分かりませーん!