注意!デマ拡大中念のため検査しときましょう

2020年02月29日

デマと真実

デマでトイレットペーパーが消えた騒ぎが話題です。トイレットペーパーはすべて国産で原料のパルプも国産。不織布で製造するマスクとは何の関係性もありません。冷静に考えれば品薄になるわけがない。

ただし、デマの起点は「政府がマスクの増産を依頼すると原料がマスクに回って他の紙製品が心配」とか「中国からいろんな原材料が入って来ないらしい」って話しだったりするんですね。ここにウソはない。

ここからママ友グループLINE等で「例えば紙がなくなるとティッシュとかもやばいかなあ」なんて世間話が展開されて、落ちは「花粉症だからティッシュを多めに買っておこうねバイバイ」なんて形だったりする。

次に近所のスーパーでグループ10人が一斉にティッシュを買うと、それを見ていた周囲が「あら心配だから私も」と買い始める。棚の在庫がどんどん減ってくると、心配が心配を呼び次々と買う人が出て来る。気がつけば関係のないトイレットペーパーまでなくなる。

そして「トイレットペーパーが蒸発!」なんて情報が写真とともに別のグループ内やSNSで共有され、働いてるお父さん達にも「今すぐトイレットペーパー買って来て」なんて連絡が行き、気がつけば街中から紙製品が消える現象が発生する。

実際にトイレットペーパーが周辺のお店にないってのは、局地的に真実なわけですよ。家のトイレにあるのは最後の1個って方には、その真実は何よりも大切な情報なんですね。本当に必要としてる人にとっては、追加購入できるかできないかの分かれ目ですからね。

今「トイレットペーパーがなくて困ってます」とか「明日手に入らないと超やばい」って書き込んでる人は真実でですよね。「マスクないんだけど」とか「明日は開店から並びます」ってのも事実。東日本大震災の時もそうでしたよね。

それが書き込まれ続けるうちは在庫不足ってなくならないわけですよ。そして、その内容はデマじゃない。難しい問題だなあと毎回思ってます。

gq1023 at 05:20
注意!デマ拡大中念のため検査しときましょう