さあ国公立大学の2次試験だ!デマ

2020年02月24日

春節前に世界へ出かけた中国人

mask先月1月20日は春節前の納品がピークでした。様々なポスターや印刷物が納品され、各販売店は春節用の仕入れ商品が届いていました。ネズミ年ですから、ネズミがメインキャラクターのディズニーストアやディズニーランドは、例年にも増して様々な商品が並んでいました。

今年の旧正月は1月25日。21日からは沢山の中国人が日本を訪れ活況を呈していました。事前の情報では「中国から春節に海外旅行する方は昨年より1割アップの約700万人」とされ、各販売店では前年対比アップは確実だと思っていたことでしょう。

中国人の海外渡航先で人気トップは日本。2位のタイや3位のシンガポールを大きく引き離していました。訪日の目的1位が買い物なのは変わりませんが、何度も来日する方が増え、雪見や温泉入浴も人気となっていました。

22日には「中国からの観光客の入店を禁止します」といった張り紙をした店舗を批判するニュース等が流れていましたが、まだ日本では新型コロナウイルスに対する意識は非常に低く、一部の中国人がマスクを大量に買っているというのが話題になる程度でした。

23日には武漢がシャットアウトされ、25日には湖北省で移動制限が開始。27日には中国人の海外ツアーが全面的に禁止となりました。問題はそのタイミングで、春節に出かける方々はすでに出国してしまっていたのです。

うちは例年12月末と1月末にインフルエンザ対策&花粉症対策でマスクを買うのですが、今年も普通に注文しました。アスクルの履歴を見ると1月29日。これが届いた30日にはWHOが緊急事態を宣言しましたが、まだ日本国内では普通にマスクが買えました。

状況が一変したのは1月31日。コンビニの棚からマスクが消えました。2月1日には様々な通販サイトで1人1個の注文制限が設定され、2月5日にはほぼ全てが販売停止となりました。

この経緯を考えると、確かに中国人が訪れる海外旅行トップは日本ですが、世界中に彼らは行ってしまってたわけです。ですからウイルスは世界中に広まってると思うんですよ。

日本は健康保険があるんで風邪程度でも7度5分の熱があるとか言って病院に行くじゃないですか。だから感染者数が把握できてると思います。

アメリカだと理由はなんであれ病院に行けば確実に200ドルは取られるので少々の熱やケガでは誰も病院へ行きません。行かないからウイルス感染も見えてこない。インフルエンザで1万人以上死亡と言われてますが、その中に新型ウイルス感染がいるかもしれませんね。

これは1月29日に書いたブログ「昨日成田&羽田空港に到着した中国便(香港・台湾を除く)」です。海外ツアー旅行が禁止された後の1月28日の時点でもこんなに飛んで来ちゃってる。そりゃあウイルス入って来ますよねえ。

中国人の海外旅行先で人気の東南アジアやヨーロッパ・アメリカで感染者数が少ない国については、それが感染状況を正確に表しているか大いに疑問があると勝手に思ってます。

gq1023 at 06:49
さあ国公立大学の2次試験だ!デマ