育児休暇の取得にあたって国産ジェット機開発を続ける三菱の意図は?

2020年01月24日

中国から新型肺炎

meet中国に住んでた方なら分かると思いますが、あんなに汚い市場ってなかなかない。ただ日本にも築地市場という空前の汚さの卸売市場があったんでいい勝負でしたが、あれはあくまで卸売なわけで、中国の市場は小売市場も汚い。

ちゃんとしたスーパーマーケットだってありますよ。だけど、とにかく汚い市場がそこらじゅうにある。トイレは路上、たばこも道路にポイ、そこに食べ物が売ってる。肉屋に冷蔵庫があるのは珍しいですからね。S字フックで吊り下げられてるだけ。

そして地方都市だとまだ舗装路も一部なんでホコリがすごい。食材を買ってきたら洗うことからやるんですが、その水だって衛生的に怪しいもんですよ。

そこにある動物の病原菌が肺に入って新しい肺炎を引き起こすってのはあり得るでしょうねえ。その地域に昔から暮らしてる人は抗体があったけど、人の移動が自由になった中国で、地域固有の病気が広まるのはあると思います。

だけど、やっぱり危険なのは普通に伝染病ですね。厚生労働省の「新型インフルエンザに関するQ&A」のQ.10の回答にありますが、例年のインフルエンザ感染者数は国内で推定約1000万人。死者数は日本で約1万人だそうです。

あの国、唾を地面に吐きますからねえ。飛沫感染はすごいと思いますよ。

得体の知れない肺炎も大変ですが、まずはインフルエンザ予防をちゃんとしようと思ってます。

gq1023 at 06:07│
育児休暇の取得にあたって国産ジェット機開発を続ける三菱の意図は?