東急目黒線の増強計画アパレルがやばい

2020年01月02日

おしぼり問題等

oshibori日本の文化と言うか、歴史的に地場の権利者が飲食店等からみかじめ料として貸おしぼり代や氷代を取っていた関係か、世界でも珍しいぐらいおしぼりが普及しています。これ、私は苦手なんですよ。

そもそも、タオルを濡らして保存したらバッチイですよね。雑菌の嵐ですよね。もし汗だくでお店に入ったんだとしたら、乾燥してるタオルを持ってきてくれたほうがいい。汗拭いてから考えますよ。汗だくのまま濡れタオルで汗を体中にまんべんなく広げる必要ないもん。

幼稚園や小学校でも濡れおしぼり持参って所あるんですよ。かなり多いと思うんですね。だからおしぼりセットなる商品が多数販売されてます。日本人は幼少期からおしぼりを普及させられてるから、不衛生な物を衛生と勘違いしちゃってる感じがします。

冷静に考えて、学校や遠足先には水道があるんだから、乾いたタオルを持参するだけでいいはずなのですが・・・。

一緒に食事に行った事のある方はご存じだと思いますが、私はお店でおしぼり出されても使いません。開けて出されても受け取りません。散髪屋で髭を剃る時に出て来る蒸しタオルも嫌なんで、髭は剃らないでもらいます。

おしぼりに関する法的な制限でいうと、昭和57年に出された環境衛生関係営業の監視指導・第一五七号のみのようです。簡単に言えば「変色・異臭はアカン」「大腸菌群・黄色ブドウ球菌が出たらアカン」「一般細菌数は一枚当たり10万個未満」となっていて、それまで「大腸菌群・黄色ブドウ球菌が1枚につき10万個以上の変色や異臭がする物が横行していた」事を物語っています。怖いよー。

飲食店でアルバイトした時に、こぼれた飲み物や食べ物を拭くのに、大量に貸おしぼりを使ってたんです。今でも貸おしぼり使ってる店はやってますよね。だって月に定額なんですもん。これ見てから怖くて使わなくなりました。

目の前の人がおしぼりで手を拭いてるだけでウーンなのに、顔を拭いたり口を拭いてると抵抗あるんですよねー。ついつい、おしぼりのある店は敬遠しちゃうんですよねー。口や手はナプキンで拭いて欲しいなー。手が汚れてたら洗って欲しいなー。

日本人は公衆トイレ使用後に手を洗わない民族としても有名です。先進国でダントツ。最初から手洗い場に石鹸やハンドタオルがなかったりする。なぜだ?お尻は洗うのに・・・。アメリカ時代を経験した沖縄ではあり得ないですよ。手は石鹸つけてバシャバシャ洗うものですもん。

そしてハンカチとティシューを持たないことでも有名。なのにティシュー(ティッシュ)大好き。鼻水はティシューで対応する。だけどティシューを持ってないから鼻をすする。すすった鼻水が口に入って来たのを飲む。海外では鼻水はすすらないし、鼻をかむのはハンカチです。

おしぼりで手と顔と口を拭いて、公衆トイレで手は洗わず、鼻水はすすった上で飲んじゃう日本人。なぜか歩道に自転車が横行し、子供を1or2人乗せた2人乗りや3人乗りといった曲乗りもよく見かけます。変なのー。こういうの朝まで生テレビやテレビタックルで議論して欲しいなーって思ってます。

gq1023 at 08:26
東急目黒線の増強計画アパレルがやばい