疑惑の追及って久々の日韓首脳会談

2019年12月24日

いいものを安くの精神

nboxいいものを安くってのが商売人の考え方だとすると、その商売人のポリシーは、お金持ちからもらった利益を貧乏人に還元するって物である必要がある。そうじゃないと、仕入れで買いたたくって行為があるはずですからね。

大手牛丼チェーンや安い焼肉チェーンで売られてるお肉はクズ肉ですよ。スーパーで売ってる肉だってそう。だけど、いい肉なんて食ったことない私たちからすると、急に高級な肉を出されてもおいしいって感じませんよ。

まだ52年ほどの人生ですが、幸いにも松阪牛、石垣牛、神戸牛って素晴らしいお肉を食べる機会に恵まれました。でも貧乏人にはおいしいと感じられる要素がないんですよねー。私の脳はクズ肉の中でおいしいとか不味いとか決めてるんでしょうね。

ホンダの今の社長が、就任時に「私たちは良い物を安く提供する会社です」と創業の理念に立ち返った発言をされてました。ただそれは、発売予定金額を設定して逆算して車両開発をするってことの否定です。かかる原価は積み上げて、良い物を造れば売れるってヤツね。

とはいえ、さすがに軽自動車で200万円超えはどうですか?私がセコイのかも知れませんが、正直高すぎますよ。鉄フレーム2気筒250ccのバイクが定価で80万円って高すぎるでしょ。

いいものを安くってのには理由が必要ですね。沢山買うから安く仕入れられるってのはウソだもん。高級割烹の裏でランチ限定メニューを出してるなんて店はいいですよ。仕込みで余った食材をランチで放出してますって感じね。

だけど安い業態しかやってないのに安いってのはおかしい。その原点に立ち返って、日本中の企業経営者が「高い物は高いけど、金持ちには売れる」って基本を理解しないといけないと感じてます。

gq1023 at 06:05
疑惑の追及って久々の日韓首脳会談