外食チェーンが厳しい話しブロードリンクのハードディスク流出事件

2019年12月14日

大塚家具が終わった件

hazamaひどい親子喧嘩を見せられた挙句、ほんの数年でヤマダ電機に身売りするまでに陥った大塚家具。今まで大塚家具で商品を買っていた人々は、二度とお店に行かないでしょう。

創業社長を娘で現社長の久美子氏が切りましたからね。会社最大の功労者を切るなら、それなりの覚悟で仕事に取り組むべきなんですが、結局破滅にまで追いやりました。叩かれないと動かない社員ばかりの会社を、ただユルユルにしただけでしたね。

ヤマダ電機は大塚家具を43億7400万円で子会社化すると発表しました。実際には経営破綻状態で身売りしたというのが実情でしょう。「大塚家具で買いました」ってのはブランドでしたが「ヤマダ家具で買いました」になっちゃうわけですからね。

ヤマダ電機の山田昇会長の記者会見でのコメントをまとめると「商品は粗利が高く売上を少し伸ばせば黒字化は達成できる」「3年くらいで回収」だそうですから、裏を返すと「こんなに利益率の高い商品を売っといて何年も赤字なのはアホだ」ってことですよね。

気軽に入れる店舗なんかいらないっすよ。安い家具が必要な人はIKEAやニトリに行きますから。高級路線から離脱した時点でアウトでしたね。安くはない中級家具オンパレード。お金持ちは満足できず、貧乏人は寄り付かない店になっちゃいました。

記者会見で久美子氏は「もう少しで黒字」と言ってましたが、数字を見る能力が低すぎます。今年、大塚家具は会計年度の変更を決めました。これまで12月31日決算だったのを4月30日に変更したのです。本来だったら現時点で決算数字が見えてる時期ですよ。

では第3四半期でどうかと言うと、売上210億300万円で利益は30億6200万円の赤字。売上高は5年連続の減収、営業赤字は6年連続なんですが、通期予想は売上442億円・最終損益2500万円の黒字を変えてません。9カ月で210億のかいしゃが、あと7ヶ月で232億売り上げるわけないじゃん!

すでに一部のヤマダ電機は家具を全力で売ってます。近くの大井町店はまさにそう。だけどヤマダ電機に家具なんか買いに行かないっすよ。どこが着地点なんだろう?

まあ家具はディノスでいいかなと思ってる私にディスられるのは迷惑でしょうから、勝手に思ったことだけを書いて二度寝しようと思います。

gq1023 at 06:40│
外食チェーンが厳しい話しブロードリンクのハードディスク流出事件