反社会的勢力排除について大学共通テストの国・数記述式見送りについて

2019年12月07日

衝撃!19年出生数が90万人割れ

11pm報道によると、2019年に生まれた赤ちゃんの数が90万人割れする見込みとのことです。厚労省は90万人割れを21年と予想してましたから2年早くなってます。政府の少子高齢化対策が全く機能してない表れと言えるでしょう。

人口動態統計によると、昨年の出生数は92万1千人。 一昨年は94 万6千人。その前が97万7千人ですから、今年はギリギリ90万人前後かと思うじゃないですか。予想数字は衝撃の86万人台にまで落ち込む感じだそうです。

いきなり5万人以上も減りますかー。来年はギリギリ80万人って可能性もあるわけですねえ。やっぱ、少子高齢化対策は若者の性行為を増やす方向にしないとダメですよ。考えて作る子供より、性欲から偶然誕生して来る子供のほうが多いはずですから。

今どきネットで無修正動画が見放題なのに、今だに写真でも陰部を見せちゃいけないとか、成人雑誌売り場には18歳未満禁止の表記をさせたりとかバカですよ。今どきの若者はエロ本なんか見ないですって。スマホ動画見てるんだから若者に性知識はしっかり身についてますよ。

若いご夫妻は、日本のような小さい部屋では激しいセックスができないだろうから、ラブホテル無料券を毎年10枚交付とか、第一子に10万、第二子に20万、3人目からは30万づつあげるとかやるべきですよ。別に一夫多妻制を導入せよといってるわけじゃない。

あいかわらず待機児童解消とか言ってますよ。子供を預ける場所が出来たら若者がセックスするようになるって発想がおかしい。桜を見る会の話しをしてる審議時間があったら、若者にセックスさせる集中審議をやったほうがいい。

もっとテレビでエロいのやればいいのに。昔は11PMでもウイークエンダーでもエロい要素あったし、ラブホテル紹介の番組とかも普通にありましたよ。バラエティでもスケスケ生着替えとかポロリ企画も山ほどあった。人間はエロいんだから変に隠さないでいい。

85年から87年にTBS系列で放映されたドラマ「毎度おさわがせします」は中高生のちょっとエッチな妄想&騒動をテーマにしていて、大人が中高生のエッチな騒ぎに対応するって話しだったんですが、中山美穂さんの下着シーンがしょっちゅう出てて面白かったなー。

変に忖度して自粛しすぎるのもどうですかねー。高校生まで淡白な若者男女を育成しておいて、大人になったらガツガツしなさいってのも無理っしょ。少子高齢化対策は若者の性興味を喚起させることが第一歩だと思ってます。

gq1023 at 05:54│
反社会的勢力排除について大学共通テストの国・数記述式見送りについて