反日政策を切り出す韓国大統領に勝算はあるのか?桜を見る会の名簿がないって話し

2019年12月03日

外食チェーン近況

p1天丼ファーストフード店の「天丼てんや」の苦境が続いています。うちの近所にある武蔵小山店も確かに空いてる。近所に丸亀製麺系の「天ぷら定食まきの」が出来てから、その傾向は顕著です。

「天丼並盛」が500円から540円になったのが昨年1月。たかが40円ですが、それで大きく人の動きは変わるのです。餃子の王将が食材の国産化と同時に実施した値上げ時もそうでした。大した値上げじゃないのに、大ブームから急減速したものでした。

とはいえ王将の場合は、半分の量のジャストサイズメニューの登場で息を吹き返しましたね。王将の中華をツマミに飲みに行くって人が増えたと思います。

2017年10月に、1品280円から298円に値上げした鳥貴族も苦しそうです。19年7月期の単独最終損益は2億8600万円の赤字でした。とうとう赤字転落です。

いきなり!ステーキも厳しいようですねえ。運営するペッパーフードサービスの先月の予測数値では、19年12月期の連結業績予想は7億3100万円の赤字。最終損益は25億円の赤字予想だそうです。ラーメンの幸楽苑が多くの店をいきなり!ステーキのフランチャイズに変えたのは昨年でしたっけ?どうなってるんですかねえ。

60億円の赤字転落が報じられた吉野家は復活してるようです。超特盛の導入とライザップ牛サラダの導入でしょうねえ。実際に店舗で見ていても、ライザップ牛サラダの注文は多いです。ロカボメニューが成功したんでしょうか?

なんといっても好調ぶりを見せつけてるのがマクドナルドですねえ。どの店も大繁盛。こちらは値上げが成功してる珍しい例です。なにが成功のポイントか分からないですねえ。飲食業界だけは、ぜんぜん分からないので、日々研究してます。

gq1023 at 06:48│
反日政策を切り出す韓国大統領に勝算はあるのか?桜を見る会の名簿がないって話し