TEAM BEYOND 青木拓磨氏トークショー宇高航路廃止へ

2019年11月10日

総務省発表の家計調査に疑問

総務省が8日に発表した9月の家計調査ですが、報道によると1世帯(2人以上)当たりの消費支出は30万609円で、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比9.5%増加だそうです。消費税増税の駆け込み需要の影響だというのですが、正直疑問です。

8月の家計調査は1%増でした。伸び率は比較可能な2001年1月以来最大。前回の5%から8%への増税時の7.2%より大きいというのです。にわかに信じがたいですねえ。

電気冷蔵庫が239.1%増、自転車が180.9%増、BCNさんのBCN速報値でも増税直前の9月4週(9月23日〜9月29日)はテレビの販売台数が前年同週比で209.5%を記録と出てましたんで、家電は売れたのかもしれません。でも前回より多いとは思えないですけどねえ。

家電量販店は超満員って感じじゃなかったですよ。自動車がバカ売れしたなんで話しはモーターショー会場で1回も聞かなかったですよ。スーパーやドラッグストアで大行列なんてのも見ませんでした。レジスタッフが減ってるのに、なぜ行列にならなかったの?

消費増税の駆け込み需要があったなら、うちの近所で電動アシスト自転車買ったって人が1人ぐらいいてもいいですけどねえ。9月に冷蔵庫が配送されて来たの近所で見たことないですねえ。9月に一気に設備投資したなんて会社も知らないですねえ。

当初から駆け込み需要をあてにしていた大手各社が、発表数字を水増ししてるんじゃないかと疑ってます。10月の数字締めてから「予想以上の増税反動による落ち込み」って発表して逃げるつもりじゃないかと想像しています。

電子マネー化も進まないですねえ。正直、なんとかペイをスーパー等で使うと時間かかりますからねえ。結局スイカとクレジットカードを中心にしてます。普及まではあと半年ほどかかりそうですね。

12月上旬には消費増税の反動数値が発表されますし、海外機関投資家の確定売りも出ますので、株価は順調に上がってますが、そこまでは慎重に状況判断する必要があるなーってのが正直な所です。

gq1023 at 05:58│
TEAM BEYOND 青木拓磨氏トークショー宇高航路廃止へ