既存メディアとの接触が変わってきたプロ経営者「玉塚元一」さん

2019年10月28日

チュートリアル徳井は仕事を干されるべきじゃない!

徳井が国税に摘発された件ですが、彼は国税の指摘に応じて納税したんです。そして今後も納税しますと言ってるんです。それまでの行動に問題はありますが納税したんです。重加算税も納付してるわけで、何も問題はない。

大企業だって「ソフトバンクG、4千億円申告漏れ」とか「フェイスブック日本法人が5億円申告漏れ」なんて出てますが、それで世の中から追放されるってことはないですよねえ。

個人的には、テレビ局に入っているフリーのスタイリスト・ヘアメイク・舞台スタッフ・制作スタッフ達だって本当に納税してるか怪しいと思ってますよ。うちは支払調書出しますから、誰にいくら支払ったか所轄の税務署は分かるでしょうが、その支払調書が転居で返送される場合も多々ありますからね。

大がかりな工事現場でも一人親方って言うフリーランスだらけですよ。大手ゼネコンでも一人親方まで納税証明の提出なんて義務付けないから払ってないヤツだらけだけど、ちゃんとビルは建ってる。おかしいけど、納得いかないけど、これが現実です。

だらしないことやってると税務署や国税に突っ込まれるってのは当然です。そして、その罰を彼は受けたわけですよ。7年分ってキョーレツなのは聞いたことないですが、それだけ悪質だったんでしょう。だけど仕事を干されるべきではないと思うのです。

大麻や覚せい剤で捕まったタレントと横並びで報道されてますが、ちゃんと申告してない人々は多いと思いますよ。国の徴税方法に問題があると思いますが、納税しなくてもノホホンと暮らせてるヤツらがいるのは事実です。帳簿すらつけないフリーランスは山のようにいますよ。

チュートリアル徳井は仕事を干されるべきじゃないと思います。それだったら、今後は納税をネタにして国民に納税の義務を広く訴えた方がいい。そもそも、何の申告もせずに7年も暮らせてたって国の仕組みこそが問題ですよ。ふざけてる!

テレビ局は徳井の仕事を干すのなら、その前に自社で起用しているすべてのスタッフの納税証明を確認すべきだと思います。そもそも国が、企業や自治体は取引先の納税証明を確認しないと取引しちゃだめって仕組みを作るべきだと思います。

gq1023 at 07:54│
既存メディアとの接触が変わってきたプロ経営者「玉塚元一」さん