東京モーターショー開幕菅原経済大臣辞任

2019年10月25日

国税がチュートリアル徳井さんの所得隠しを指摘

超ビックリしたんですが、チュートリアルの徳井さんに申告漏れを指摘したのは東京国税局だと。地元の税務署じゃなく国税ですよ。それだけ貰ってたってことか、所轄の税務署では対処できなかったってことですよね。

「2016年から2018年までの3年間は会社の収入を申告しておらず約1億円の申告漏れ」ということは、毎年3千万円以上はもらってた事になる。ケチと言われるヨシモトですが、失礼な書き方かもしれませんが、この程度のタレントにも結構払ってるわけですよ。

芸能人ですから旅行代や衣装代は経費でしょう。スポーツクラブやエステ等も経費になるんじゃないですか?ただギャラを個人事務所「株式会社チューリップ」を通じて受け取っていたそうですから、源泉所得税が引き去られてない。それで無申告はないですね。

普通に税理士さんを入れてれば指摘されますよ。毎月末は通帳を帳簿に転記して、アルバイト&パートの源泉処理して翌月10日までに源泉所得税を納税。会議費で飲食する場合は1人5000円まで。忘年会は経費計上できるけど新年会はダメとかね。

会社経営者なんで、落とそうと思えば洋服だって旅行だって全部落とせるでしょうが、私の場合はあまり経費を使わないんですよ。タクシーすらほとんど乗りません。車の経費も仕事で使った場合のみにしてます。

法人設立以来、納税期限までに納付したことないそうです。ふざけてたって事ですね。決算の時期に領収書の山だけ会計士に渡して決算を終わらせる方も多いと思いますが、そんなの売れっ子タレントがやる行動ではありません。

うちもそうですが、法人なら当然のように会計士をつけますよ。毎月領収書やカード明細はチェックされるし、通帳の出し入れも全部チェックされます。

今後は取引先との口座開設にあたっても決算書や確定申告書を出さされるのが当たり前になるかもですね。タレント事務所は、所属タレントの納税義務履行確認義務が生じるかもと思いました。

チュートリアルの2人はどちらもバイク好きですから応援してるんですがねえ。そんなところで足をすくわれないように、毎月顧問料払っても年間100万もしないはずですから、ちゃんと税理士つけてください。

gq1023 at 05:05│
東京モーターショー開幕菅原経済大臣辞任