今どきワイロってやってる人いるの?ラグビーワールドカップに熱狂

2019年10月05日

若いうちにバカを認めて学ぶ姿勢を身につけよう

90019歳でカナダ・バンクーバーに住み始めた時、正直言って全く言葉は分かりませんでした。路線バスに「OUT OF SERVICE」とか「NOT IN SERVICE」と書いてあっても、それが回送を意味することとも知りませんでした。

薬屋で胃薬を買おうにも、なんて言えばいいか分からない。胃薬を意味する「Stomach Medicine」と言うと、信じられないピンクの飲み薬を出された。最初はビックリして買わなかったけど、じつはアメリカでは超メジャーな「ペプトビスモル(Pepto-Bismol)」って薬でした。

とにかくプライドとか持っててもしょうがないんですよ。何にも分からない。言葉なんか普通に暮らしてたら覚えるなんてわけない。ブリティッシュコロンビア大学の英語教室に通いました。English Language Instituteといいます。

それはいい経験でした。世界中の人々がいて、そのみんながちゃんと話して来る。自分が学んでこなかったことを後悔させられることの連続ですよ。「核兵器についてどう考えてますか」とか「天皇制の存在をどう思います?」みたいなことを聞かれる。

それに対して、こっちは「ドイツのいい所を教えてください」とか「ブラジルの言葉は何語ですか?」みたいな程度しか聞けない。アホでした・・・。

若いうちにバカを認めて学ぶ姿勢を身につけられたのは良かったですねー。だから、若いうちはバカを認めて学ぶことができるのが一番だと思います。

gq1023 at 06:32│
今どきワイロってやってる人いるの?ラグビーワールドカップに熱狂