京王線のアナウンス関西電力で史上最大のスキャンダル

2019年09月27日

災害に対する知事の心構え

saigai東日本大震災が発生した際、自衛隊は発生直後に災害派遣の要請を受け即応しました。それは早かった。揺れが収まって15分後には各車両に災害派遣の表示幕を取り付けてましたからね。

ここで重要な役割を果たしたのが宮城県の村井知事ですよ。大阪出身の知事は元自衛官。在籍8年で最終階級が一等陸尉ですから幹部です。ヘリコプターパイロットとなり、その配属先が東北方面航空隊(仙台市霞目駐屯地)だったんですね。

そこから県議会議員を経て知事に。災害派遣は知事が要請するものであることを誰よりも熟知してたわけです。14時46分の地震発生直後に東北方面隊に災害派遣を要請してます。津波で水没した松島基地から津波が来る前に出動してる機体があったほどの早さです。

阪神淡路大震災の時、当時の兵庫県知事は何をしてたと思います。震災発生は5時46分ですよ。なのに県庁に登庁したのは8時20分。車がお迎えに来るまで自宅で待機してたんだそうです。アホでしょー。

結局どうなったかというと、知事の出動要請なんて待ってられないから各市区町村が直接自衛隊に出動要請する事態に。それでも知事は要請を出さず、待ちきれなくなった陸上自衛隊陸自第3特科連隊が10時に兵庫県に連絡したんですよ。

その電話を取ったのは兵庫県の野口課長補佐。陸自から「この連絡をもって派遣要請が有ったと認識して良いか」と言う電話に「宜しくお願いします」と回答。兵庫県知事は最後まで自衛隊に災害派遣の要請を出しませんでした。

千葉県・神奈川県・東京都にタレント知事がいますが、その危機意識ってどうなってるんでしょう?正直言って平時は知事なんて誰でもいいわけですよ。有事に備えてどれだけリーダーシップを発揮できるかってのが重要だと思うんですね。

発災時に自力で何分で登庁できるかって重要ですよね。神奈川県知事が渋谷区に住んでるってアホですよね。前都知事は湯河原まで運転手の送迎させてたといって追放されましたからね。神奈川県知事が湯河原に住んで、前東京都知事が渋谷に住めば良かったのにねー。ってそんな話しじゃない。

県内全域にわたる広域災害の時は、即座に自衛隊に災害派遣要請して全容把握に努めるのが基本です。信じられないかもしれませんが、警察署って停電したら終わりなんですよ。結構窓がないので真っ暗ね。そして信号が全停止するから警察官は交通整理でフル出動です。

まあ、東京の場合は離島が沢山あるので台風被害は常に発生しますし、噴火も度々経験してますので危機意識は高い。災害派遣を要請しなくても防衛省が近所にあるから、向こうから聞きに行くでしょうしね。その点やっぱ千葉は遅かったかなー。

公共交通機関が全滅してるのに成田空港を運用するとかありえないっすよ。どんどん着陸するけど乗客は空港外に出られない。出発客も空港に行けない。乗客が来ないけど離陸便は出る。なんでそんなことになっちゃうのかなー???

停電だって倒木によるものなら、自治体や自衛隊が対応しないとダメでしょ。東京電力に任せたら、木や山の持ち主を探して許可を取ってから伐採するわけだから、いつまでたっても終わらない。そんなの知事を志した者なら分かってて欲しいなー。

台風被害から相当落ち着いてきたので、ちょっと振り返って書いてみました。

gq1023 at 06:38
京王線のアナウンス関西電力で史上最大のスキャンダル