埼玉県知事選で自民敗北自分の城を綺麗にするのは当然だ

2019年08月27日

トランプ政権下での経済リスク深刻化

corn米ドル/円相場が乱高下しています。27日朝5時現在で1ドル=106.098円ですが、1日の間に最高104.797円、最低で106.416円を記録しました。もみあいながら中期的には1ドル=100円を狙っていく攻防になりそうです。

日米貿易交渉は、日本の求める「自動車関税の撤廃」は実現しませんでした。農産物の関税についてはTPP基準まで下げることを容認させられ、さらになぜかアメリカ産のトウモロコシを大量購入することになりました。ひどい押し切られ方です。

トランプ大統領は「中国が約束を破って引き取らないとうもろこしを、安倍総理が全部買ってくれる」と記者会見で言ってましたが、すでにアメリカの農業系ニュースでは「日本がアメリカ産トウモロコシと小麦の購入で合意」と報じてます。小麦もかい!?

G7サミットは閉幕しましたが首脳宣言はナシ。トランプ大統領の勝手な考え方に同調できる国はなかったよという感じでしょう。対中国政策はアメリカだけ突出して変だし、自由貿易もTPPではなく2国間協議だとしているんだから意見を合わせるほうが無理っすね。

2010年から2012年にかけて「アラブの春」と呼ばれた大規模反政府デモの多発がありました。一部では独裁政権の崩壊もありましたが、逆に独裁政権による虐殺も生み出されました。

香港のデモ活動が活発化して中国国内で「アジアの春」が吹くということはないでしょう。ただ、反政府デモが大規模になっている韓国や、東南アジアの各国は分かりません。このまま中国が香港問題に足を踏み込むと、ひょっとすると急激な景気の減速局面に入るかもです。

まいったなー。アメリカも韓国も大統領が変人だからなー。選挙で大統領を選ぶと、こういうオモシロ系が選ばれちゃう可能性ありますもんねえ。どちらも自国内でのウケ狙いばっかだもんなあ。国際的立場ってのを考えて行動して欲しいもんです。

gq1023 at 05:41│
埼玉県知事選で自民敗北自分の城を綺麗にするのは当然だ