海外に影響を受ける日本経済さよならダウンロードミュージック

2019年08月15日

品川区で相次ぐ有名病院の破綻

心臓疾患専門の「大崎病院 東京ハートセンター」を経営する「医療法人社団冠心会」破綻の報道が出ました。債権者から破産を申し立てられ、7月31日に東京地裁より破産手続きにおける包括的禁止命令および保全管理命令を受けたそうです。

2005年12月に「大崎病院 東京ハートセンター」を開院。多くの著名な医師を抱え、心臓の専門病院として豊富な実績を有する病院ですが、2018年3月期の年収入高は約41億円以上もあったのに、昨年10月以降家賃を滞納する事態に陥っていたそうです。

当然ですが、貸主から建物明渡等請求訴訟を起こされ、今年4月に理事長夫人の法人資金流用疑惑が報じられ万事休す。4月24日に同じ理事長が兼務していた「医療法人一成会(さいたま市)」が民事再生法の適用を申請し信用は地に落ち、現在の事態となりました。

負債は2019年2月末時点で約42億6200万円と報道されていますが、もし事実だとすると多すぎますね。年間売上を超える負債ですからね。

じつは今年の4月には脳神経外科で著名な「旗の台病院」を運営する「医療法人社団おきの会」が民事再生法の適用を申請しました。こちらは負債16億5874万円。ここも有名な病院でして、品川・大田エリアですとMRI検査とかになるとココを指定されるのが普通でした。

前理事長が豊富な執刀実績を持つ著名な脳神経外科専門医だったのですが、ここも、2017年に前常務理事による外部への資金流出が発覚して一気に資金繰りが悪化して法的手続きとなりました。

そんな専門病院が破綻するってあり得るんですかねえ。放漫経営としか思えないのですが、何か理由でもあるんでしょうか?これで心臓の専門病院と脳の専門病院が破綻したことになります。儲かりそうに思えるけどなあ。

家賃滞納して追い出されるって飲食店かって感じですが、病院経営も厳しいのだろうなあと感じた次第です。日本の医療従事者の皆様ご苦労様です。

gq1023 at 06:54│
海外に影響を受ける日本経済さよならダウンロードミュージック