7payあぼーん売られたケンカを買った日本

2019年08月03日

アメリカによる中国への追加関税はあるのか?

6月に中国側と会談したのに、トランプ大統領が「対中関税第4弾」を9月に発動するとツイッターに書いたために株価が大きく値下がりしました。日本も同じように円高が進み株価は下落しました。

アメリカの対中関税は全廃されるんではないかと思われていただけに、小売業などの業界団体が次々と反対を表明する事態に陥ってます。そりゃあそうですよ、関税を上げればアメリカの一般生活者が損をする。服も自転車もくつも値上げです。

そして最も大きな部分がiPhoneの価格。原材料が値上げになるから確実に上がります。しかも中国国内で全く売れなくなるでしょう。これは大きな問題です。

アメリカはどうなっちゃうんですかねえ。一人のアホなオッサンの暴動で世界中が不幸になるってのは第二次世界大戦でも見られましたが、今回は、アホなオッサンがアメリカ大統領で、しかも国民から支持を集めているという部分で先が見えません。

アメリカって昔は85%が白人という国だったんです。それが60%を切るレベルまで減少した。1965年の移民法改正で毎年大量に移民がやってきたからです。だから白人には「移民に仕事を奪われてる」という被害者意識が強いんですね。

その人たちがトランプ大統領を支持してるわけですよ。どう考えてもアホなオッサンが当選する理由です。とはいえ、いずれ白人は少数派になるのは目に見えてますけどね。

今後を考えると、トランプさんがいなくなったほうがいいなーって考えそうなもんですが、なかなかそうはいかないだろうなーって思ってます。
白人が少数派になる米国で今、何が起きているか

gq1023 at 06:20│
7payあぼーん売られたケンカを買った日本