闇営業問題をヨシモト側視点で考える事務所はタレントをさらし者にしない

2019年07月22日

ヨシモトタレント2人の記者会見について

直営業はヨシモトとして目をつぶって来た歴史がある。その前提がある上で、今回の会見を冷静に分析すると、タレント側のコンプライアンス意識が低さに対する謝罪がなかった点が最大の問題だと思います。

あなた達はオレオレ詐欺集団のパーティーに出たと言うことに対する謝罪に何割を割きましたか?

それについて事務所や所属タレント全体に迷惑をかけたことに対する謝罪に何割を割きましたか?

サラリーマンなら、会社に内緒でアルバイトしたらクビですよ。反社会的集団に入ってアルバイトしてたら確実にクビです。弁明とか謝罪の機会なんて与えられません。

お笑いタレントですから世の中が忘れるまで放置しようと言う事務所の考え方に疑問はありません。ほとぼりが冷めたら復帰させるというのが正しかったと思います。今回の記者会見については大半の時間が事務所批判になってました。おかしいと感じます。

事務所批判をしなければメディアは謝罪部分だけを流したはずです。ところが事務所批判をしたから、そこだけ切り出されて繰り返し流されてる。謝ってないじゃんって感じ。自分はちゃんとしてるって言ってるだけな感じ。

勝手に問題おこしといて事務所に責任なすりつけてんじゃねーよってのが記者会見全体を見ての正直な感想です。会社批判を口にする事自体がコンプライアンス違反ですよ。意識を高めないとダメだな。

これまで彼ら2人に事務所は毎年いくら支払ったかも開示したほうがいいですよ。十分な暮らし出来るだけのギャラを支払ってるでしょ。客観的事実に基づいて冷静に視聴者の判断を仰いだ方がいいと思います。

gq1023 at 07:45│
闇営業問題をヨシモト側視点で考える事務所はタレントをさらし者にしない