闇営業問題その後ヨシモトタレント2人の記者会見について

2019年07月22日

闇営業問題をヨシモト側視点で考える

今回の件をヨシモト側視点で物を考えると、そもそもタレントの直営業については寛大な姿勢で応じて来ている会社でした。理由は単純で、タレントに契約書がないことから明らかなように、所属タレントは従業員ではなく個人事業主という取引先の関係だからです。

ヨシモトに、所属タレントという名の個人事業主が自分で仕事を取って自分で仕事をやるのを妨げる権利はありません。ただし、今の時代ですから反社会的勢力との取引があった取引先を排除するというのは企業として当たり前のことです。

今回の問題は、個人事業主のタレントが勝手に引き起こした問題であり、ヨシモトの姿勢を問われる事態になること自体がもらい事故みたいなもんです。勝手に問題をおこしておいて、なんで記者会見をやれ等と言われるのかって感じでしょう。

しかも「パーティー参加者が犯罪者集団だと知らなかった」と「ギャラはもらってない」のうち、両方がウソの可能性があるわけです。ギャラはきっちりもらっていて、パーティー参加者は「俺らモシモシだから」と言ってたそうですからね。

これ、ネタを売った側に映像や音声データあるでしょ。そんなの出たら出演者全員クビですよと岡本社長は言ってるわけでしょ。事務所は完全なもらい事故なのに、メディアや情報リーク元と接触して口止めに奔走してたと思うんですよ。

「直営業で高額なギャラもらったら事務所に報告しろ」「直営業で反社会的組織と関わったら事務所に報告しろ」「雑誌社から突撃取材受けたら事務所に報告しろ」「問題があったら事務所に真実をありのままに打ち明けろ」ってことじゃないですか?

記者会見で「事務所はファミリー」との発言がありましたが、勝手に引き起こした問題のケツを拭くのは事務所の仕事じゃないでしょ。私だって大手企業と取引してますが、私が個人的におこした問題で大手取引先が責任を取ってくれる可能性なんて微塵もないですよ。

今回、話題となっているのは1件の雑誌記事ですが、同様のパーティー等への参加事例って他にもあるわけでしょ。雑誌社がネタとして持ってる案件は複数あるから、今回記事になってるわけですよねえ。ぜんぜんゲロってない。

別に彼らがいなくても、バッファロー吾郎やへびいちごや元チュパチャップスの宮川大輔&ほっしゃんだっているわけですよ。そういう中で売り出してもらってた事務所にドロかけたのはおかしい

「お前ら全員クビにできるんやぞ」発言の前段階で失礼の連続だったわけでしょ。今だに今回の件で相手が犯罪者集団だと知っていたかはウヤムヤだし、他にもこの種の直営業に出ていたかがウヤムヤでしよ。そんな話しって通ります?

ヨシモトが契約解除と言ってるわけですから、本件以外にも関与が認められるということですよ。この1件だけでクビはおかしいって世間の態度には疑問があります。

直営業はどのタレントもやってることなんで問題ないと思うんですね。だけど今回の宮迫と亮はギャラが高額すぎます。そのギャラの根拠はヨシモトが売り出してくれたからですよね。なのにその人気を利用して自分だけで着服したわけでしょ。良くないなあ。

この件で事務所がやることは、まず謹慎処分を下して休ませることです。その上でメディアの出方をうかがう。雑誌記事が出るってことは、二の矢・三の矢が必ずありますからね。

その上で事務所同席で記者会見をやるなら引退記者会見ということになるでしょう。直営業がばれた程度で社長同席記者会見なんてやってたら、毎日何回もやらなきゃいけなくなりますから。

事務所は問題おこした売れてるタレントより、問題おこしてない売れてないタレントのほうが価値あると考えるのは正直な所だと思いますよ。ジャニーズなんて未成年の喫煙や飲酒だけで永久追放になってますからね。

間違っちゃいけないのは、反社会的勢力と勝手に付き合ったのはタレント側であり、事務所は文句言われる筋合いないということです。ケツを拭くのは事務所側じゃなく本人でしょ。謝罪だけならまだいも、事務所批判をタラタラ並べるのはどうなんですかねえ。

記者会見を問題発覚時に即座にやってたら、そこからウソが次々と出て来ることになったでしょう。そうなったら確実にクビですよ。なんとか生き残らせるために静かにしてたわけでしょ。事務所側は不信感の連続だったと思いますよ。おかしいなあ。

事務所側の視点だと、そういうことだという話しでした。

gq1023 at 06:46│
闇営業問題その後ヨシモトタレント2人の記者会見について