安全なヘルメットを着用するライダーの方へ直営業はタレントだけの話しじゃない

2019年07月01日

闇営業が発生する流れ

この温床は、えてして生活費に困窮した芸人が安易な方法でお金を借りることにはじまります。借りてなくても、近所の飲食店でなぜかご馳走してくれる人に安易にお世話になったり、「今日もおごってくださいよ」なんて頼んだりする。

その方から「ちょっと相談があるんだけど友人のパーティーで司会やってくれない?」なんて話しが来るのが初動です。タレントが「出演は事務所通さないといけないんですが」と言っても、「クローズド(外部には秘密)のパーティーだから大丈夫」なんて言われる。

クローズドって言ってる時点でプロなんですけどね。そんな話しに乗せられて出演したら、もう次回からは「前もやってくれたじゃん、よろしく!」ってなことになる。

そこに「今度100万あるんだけど飲食店のパーティーに出て欲しいんだよなー」なんて話しが来るわけです。それまでは10万以内だったのに急に大きくなる。「テレビに出てる人とか呼びたいんだよなー」って言われると、タレントも「まあ先輩に聞いてみます」って感じでしょう。

あとは「兄さん世話になってる方がいてパーティーやるんで出てもらえないですか?」って声をかけるんでしょうねえ。声をかけられた側は断るでしょうが、やさしい後輩思いの人ならば「まあ、そこまで言われたらエエデ」って事になる。

正直、私からしたら普通のパーティーで100万円以上ギャラが出るわけないやんって感じなんですよ。300万円とかになったら事務所通さない方がおかしいもん。通さないでやるしかない時点で裏がある。

でもねえ、お金借りてたら必死ですよ。それが闇金融とかだったら断ったら殺されるとか思うでしょうねえ。簡単にきれいごとでは済まないと思うのですが、どうやって闇社会とのつながりを吉本が断つのかに注目したいと思います。

gq1023 at 05:14│
安全なヘルメットを着用するライダーの方へ直営業はタレントだけの話しじゃない