出退勤のストレスフォーミュラE新年度開催スケジュール決定

2019年06月15日

派遣社員の料金が高い・・・

派遣社員の価格が高騰していて、どこに頼んでも「時間3000円からでお考え下さい」ってな感じです。しかも大企業勤務が人気なので、中小零細企業が頼んでも「見つかりませんでした」と言われて終わりって感じです。

東京23区内なら、労働者本人の受取り額が一般事務で時給1500円からって感じですよね。調査データを見てもそんな感じです。営業スタッフだと時給3000円を超えてたりします。本人手取り額で20万から40万って感じでしょうか。

社会保険料等で30%ほどでしょうから、派遣会社が5%ほど利益を乗せるとして、1日9時間拘束で勤務してもらったら、派遣を受ける企業の負担額は一般事務で42万円から。営業スタッフだと84万円を超えるということになります。

営業代行だと固定費以外に成功報酬が別途30%から50%必要だったりするものもあります。マネージャークラスの派遣だといくら必要なんだって感じです。

派遣社員の求人を見ていても、一般事務の年収例で「370万円/社員登用後2年目、月給25万円+賞与2回」なんて表記になってます。時給1650円程度ってことですね。やっぱりそうかー。

そのスタッフが良い人だとして、直接雇用しようとすると年収の30%以上の手数料を請求されます。この事務の人いいなと思っても100万以上の手数料がかかるってことです。きびしいのー。

そんな時代だから正社員を囲い込むのも大変です。だって山ほど魅力的な求人がありますからね。待遇だけでなく福利厚生面でも充実が求められます。

じつはアルバイトの世界でも同じようになってまして、うちでは時給を上げるだけでなく、1日180分以上の勤務で食事補助を300円出すようになりました。求人広告だって1枠10万を3誌やって採用できるのが2名程度です。すぐ辞められたら悲しい・・・。

いろいろ大規模イベントがありまして、そんな事務局員の打診をいただくのですが、派遣スタッフで対応するにも数字的に合わず大変です。ホームページの運用とか言われても多言語対応ですしね。多言語スキルとITスキルは必須な感じ。そんな人材いませんよ。

そのような中ですが4月に新卒者1名を迎え入れ、今月からさらに新しい仲間を迎え入れられそうな雰囲気になりました。この出会いに感謝しつつ新しい領域にチャレンジを続けたいと思います。

gq1023 at 04:02│
出退勤のストレスフォーミュラE新年度開催スケジュール決定