仕事と勤務時間協愛株式会社での経験

2019年06月05日

原付より速い自転車

無題最近、自転車がすごい速度で車道を走ってるのを見かけますが、運転ルールが分かってない方が散見されます。自転車は車両です。一方通行を逆走することすらできません。

右折レーンを使って右折するなんてのは違反ですよ。複数車線がある道路での自転車の右折は二段階右折でなければ走れません。道路の制限速度を超えたらスピード違反です。ただ、原付バイクの最高速が30km/hなのに自転車はもっと速くてもいいのは疑問ですがね。

重要なのは、自動車やバイクの違反行為は反則金制度があるのですが、自転車にはありません。だから以前は違反を取り締まるには全員赤切符でした。つまり前科がつく。だから取り締まってなかった。今は「自転車運転者講習制度」が出来たので、取り締まりできるようになってます。

今は、3年以内に違反切符による取締りor交通事故を2回以上繰り返した場合、自転車運転者講習を受講するというものです。受講しないと5万以下の罰金となります。取り締まりにあっても赤切符じゃなくなったんで、警察官が自転車を止める例が増えてます。

そこで重要なのが、酒酔い運転だけは厳格で、少しでもお酒を飲んでいれば「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」となる可能性があります。自転車で飲み会に行くなんてのは自殺行為です。

自転車の通行マナーについては、日本は諸外国と比べて非常に悪いです。海外ではあり得ないですが、自転車が歩道を走ってるシーンは当たり前のように散見され、警察官がノーヘルで歩道を自転車で走ってたりもします。

これ、歩道を自転車が走っていいようにする法律があるからなんですね。自動車を運転する人が下手クソで、自転車に乗る方も交通ルール無視だった時代に、余りにも交通死亡事故が多くて、自転車が走れる歩道を指定したんです。

この歩道を自転車が走れるようにした法改正は自転車の交通死亡事故が相次いでいた1978年。ただし当時の杉浦正警察庁交通局長は参院委員会で「歩道の上に自転車を上げなきゃならないというのは道路のまさに日本的な欠陥」と発言してます。

もうそろそろ間違った法改正は元に戻すべきですよ。自転車に乗るならヘルメット着用。自転車は車道を交通ルールを守って走りましょう。っていう当たり前のキャンペーンが必要なんじゃないかと感じてます。

gq1023 at 03:28│
仕事と勤務時間協愛株式会社での経験