世界で戦える日本のグルメ達勘違い国会議員

2019年05月24日

大学っていくらかかるの?

keioこちらは文部科学省の調べた「国公私立大学の授業料等の推移(PDF:20KB) 」です。これによると、授業料が国立大学54万vs私立大学90万で、入学料はどちらも30万ぐらいだと分かります。

ただ、私立の場合は設備整備費が別途20万程度必要なので、授業料と設備整備費で110万円ぐらいとなりますが、あくまでこれは平均値です。当然ですが都心の大学は費用が高いですから、初年度で150万ぐらい、2年目から120万は覚悟って感じです。

私が高校3年生の時代は国公立なら年30万、私立は70万と言われましたが、今やそんなレベルではなく高額の学費が必要です。旺文社の大学受験パスナビなら様々な大学を学費から検索することもできて便利です。

大学では教科書なども必要ですから、4年間なら国公立で250から300万、私立では480万から600万といった感じです。当然ですが私立では文系のほうが安く理系は高くなりますし、医歯薬学部はグーンと費用は跳ね上がります。

これ、自宅から通った場合の費用です。これ以外に独り暮らしをさせるなら家賃と生活費の負担もある。賃料5万、光熱通信費3万、生活費3万のギリギリレベルで11万。自宅にインターネットは必須だしスマホも必要ですから、実際には毎月15万は必要でしょう。

そうすると普通に私立文系にアパートを借りて通わせると4年間で1200万以上のお金が必要になります。年平均300万ですね。そんな大金は子供が大きくなってからじゃ用意できませんから、早い時期からの貯蓄が重要です。

つまりは学資保険ってことなんですが、1000万円を18歳までにとなると月額5万円となります。500万円でも月額2.5万円。これ生まれた時からでの話しですからね。子供のいる家庭は、それだけ貯蓄が必要だという話しでした。

gq1023 at 07:27│
世界で戦える日本のグルメ達勘違い国会議員