神宮ラーメン「ホープ軒」菅官房長官が衆議院解散の可能性を示唆

2019年05月17日

NHK受信料は払うものと思ってる

先日、NHK受信料を払うのはおかしい」とおっしゃる方とお酒の場で口論みたいになったのですが、あくまで「私は払ってる」ってだけで「払うのおかしいって言われる筋はない」ってだけなんですよ。

払いたくない人は払わないでいいでしょうし、それで請求が来て裁判するとなっても私には関係ない。どうぞ自らの意思を貫いてくださいってだけです。月額2,000円程度の話しで飲みの席で知らない人にからまれる方が迷惑です。

日本の法律に放送法と言うものがあります。すべての放送局はこの法律を守る必要があります。この中に「テレビなどNHK(日本放送協会)の電波が入る機器を持っている人は、NHKと契約を結ばなければならない」というものがあります。

テレビを持っていてアンテナをつないでいればNHKと契約を結ぶ必要があるわけです。そして、その契約の中に受信料の話しがあります。地上波のみでクレジット払いなら月額1,260円、衛星も受診していてクレジット払いなら月額2,230円です。

私はNHK大好きなんで喜んで衛星の口座振替年払いを負担してます。これで「チコちゃんに叱られる!」も「ブラタモリ」も「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」も「NHKテレビ講座」も安心して視聴できてます。

長らく法的に争われて来ましたが、2017年12月に初の最高裁判決が「合憲とする」との形で出ました。裁判官15人中14人が賛成ですから、もうこれがルールです。

先日、NHKの2018年度決算速報値が出ました。受信料収入7,122億円(前年度比209億円増)で、受信料支払率82%。「払ってないよ」「集金人追い返してやった」なんて自慢してる方も今だに見かけますが、残り18%の方々ということになります。

以前は未払い受信料の請求権が5年で無くなるような最高裁判決(2014年)がありましたが、2017年の判決では何年でもさかのぼって請求できることになりました。いきなり20年分とか30年分請求されてる方はそういう流れです。

あくまで個人的には「NHK受信料は払うものと思ってる」だけです。そして払ってるんで何も問題はおきてません。どうか静かに放っておいてください。

gq1023 at 06:47│
神宮ラーメン「ホープ軒」菅官房長官が衆議院解散の可能性を示唆