トランプ大統領の発言で市場が急変皇位継承順位は法律

2019年05月08日

高校の校則

高校の校則についてP&Gからの疑問提起が話題です。しかし、高等学校に要求されてることは「社会への適合」ですから、規則が必要なのは言うまでもありません。

小学校では学校に行くと言う練習から開始して「友人を作る」や「みんなで行動する」ということを学びます。今では小中一貫教育が日本の指針になりましたので、9年間を通じて朝起きて学校に行って夕方に帰ると言う行動練習にもなるでしょう。

ただし、高等学校では世の中は楽しいことだけじゃないてことを学ぶ必要があります。「警察官なんて服装自由でいいでしょ」とか「旅客機のパイロットはあんな格好する必要ない」なんて人間を作り出しちゃいけないのです。

社会は理不尽の連続です。飲食店に勤務中に酔っ払いにからまれたら「てめーふざけんな!」って言っていいわけじゃないし、即座に警察に通報したり大声を上げて「出て行けー!」ってやっていいわけじゃないでしょう。

ぶっちゃけ高校の先生だって「校則なんかなきゃいい」と思ってるでしょう。髪型やカバンや下着の色まで調べたくないからね。どうせ生徒なんて最大3年しか関わらないわけだから、どうでもいいですよねえ。そんなの守らせるのめんどくさいもん。

東京ってのは自由を求めて来る人が山のようにいます。ミュージシャンになりたい、俳優になりたい、東京にいけば何かある・・・、そんな人々の集まっている街です。だから何十年も夢を追って、結果として夢破れた人々も山のようにいる。

アルバイト・契約社員・自営業で何十年も頑張って、結局夢に破れて生活のために仕事する。そこで長髪ダメ、茶髪ダメ、ひげダメといった規則の多さに直面する。スーツ着用、制服着用の当たり前を実感する。

そこで、自分を曲げてポリシーを変えて、髪を切りひげを剃り制服を着用してガードマンをやるといった局面に直面する方も多い事でしょう。高校の時に学んでおけば良かったはずなんですがねえ。反発したんですかねえ。

校則に反発する生徒がいるのは当たり前だと思います。だからといって、それに大人が生徒達に忖度するのはおかしいと思うんですよねー。高等学校では世の中は理不尽の連続だと言うことを教えてやって欲しいと思ってます。

gq1023 at 06:02│
トランプ大統領の発言で市場が急変皇位継承順位は法律