日産伝統のお家騒動原田選手のお別れに姫路へ行って来ました

2019年04月11日

ゴーンさんのビデオメッセージ

「おい君、最高経営責任者さんの資金の流れ怪しいと思わないか」
「怪しいですね。調べましょう。」
「あくまでも内密にな。漏れると俺たちが潰されるぞ。」
「うまく行けば俺たちの天下かもな。」
「おっしゃる通りですね。ハハハハハ!」

ビデオでは、って感じの話しが裏にあるっておっしゃってます。

その昔ゴーンさんは、日産は「長いものには巻かれ」「声の大きい者についていく」人々の巣窟であった。「変化を恐れ」「従業員との対話を放棄し」「(赤字必死でも)偉い人がGOを出したプロジェクトのみ実施」する会社だと言った。

2兆円を超える負債を抱えすでに主力の座間工場は閉鎖していた。国内はおろか海外自動車メーカーですら支援の手を差し伸べない状況の中、ゴーンさんは日本に居を構え全力で再生のために努力した。

座間工場閉鎖で各地へ配置転換された者の中には、村山工場・日産車体京都工場・愛知機械工業港工場へ異動して、そこでさらなるゴーンショックによって2度目の配置転換を経験した人もいた。それでも2万人以上を削減して会社を黒字化させた。

なぜ犯罪者扱いする。英雄として見送る決断はできなかったのか。会社の恥をさらすという決断はどこから出てきたのか。とても不思議だ。

gq1023 at 04:58│
日産伝統のお家騒動原田選手のお別れに姫路へ行って来ました