メディアの変化に対応できない年寄りコンテンツ東京開幕

2019年04月03日

サブウェイ閉店

imagesアメリカで人気のサンドイッチチェーンのサブウェイ。ものすごい勢いで閉店が続いていて、品川区に本社のあったフランチャイズ店運営会社の(株)エージー・コーポレーションが、1月16日東京地裁から破産開始決定を受けたとの報道も出ています。

世界的に見ても、店舗数ではマクドナルドを超えて世界最多の飲食チェーンですが、日本ではサントリーの子会社として展開開始。ただ契約が切れたので現在はサブウェイ本社の直轄と思われます。

個人的には電通本社の下にあったカレッタ汐留店が閉店中になってるのが痛いのですが、他にも大崎のニューシティや大井町阪急の店も現在閉店中です。復活するのかなあ???

日本におけるサブウェイの経営不振ですが、私の意見はいろんな評論家と違います。ハッキリ言って値段が高い!アメリカだと巨大なフットロングのBLT(ベーコン・レタス・トマト)が6ドルぐらい。高級なステーキ&チーズでも8ドルしません。

なぜか日本では、それが半分のサイズでレギュラーと呼ばれていてBLTで420円、ステーキ&チーズはメニューすらありません。いやー、アメリカとの物価差を考えるとフットロングで500円から800円ぐらいにしたほうがいいですよ。

あとはロカボメニューも必要ですね。ロカボパンが選べないと厳しい。その上でアメリカにあるレギュラーメニューは最低限揃えて欲しいなあ。私の大好物はミートボール。巨大なミートボールがこれでもかと入ってるんですが日本にはありません。

日本ではフランチャイズ経営する場合、アンテナショップとなる渋谷・表参道・心斎橋の目立つ場所には直営店を持つものですが、今まであった直営店ですらFC転換してるんでイマイチな感じになってます。

横浜元町商店街の店が無くなったのって何年前だったかなー。あの時、ドリンク回数券が無駄になったんだよなー。今もカレッタ汐留店の回数券持ってるけどなー。表参道の店で使うか。

gq1023 at 07:00
メディアの変化に対応できない年寄りコンテンツ東京開幕