無くなってゆく遊園地中山しんたろう選手が大腿骨を骨折

2019年03月30日

訃報)近藤湧也選手(26歳)

kondo
全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦するGBSレーシング YAMAHAの近藤湧也選手が亡くなられたとの知らせがチームならびにヤマハ発動機から発表されました。

3月13日に岡山国際サーキットでのテスト中に転倒し意識不明のまま病院搬送。治療もむなしく3月26日午前9時47分に亡くなったとのことです。

長らくST600クラスに参戦していて2015年最終戦の鈴鹿で初優勝。その頃は我々のチームには榎戸育寛選手がいて毎レース競いあってました。

その翌年は近藤選手がJSB1000クラスにステップアップ。榎戸が16年の最終戦で初優勝して年間チャンピオンとなったのが記憶に新しい所です。若いライダーの死は心が痛みますね。謹んでお悔やみ申し上げます。

通夜式)4月8日(月) 午後6時から
告別式)4月9日(火) 午前11時から
式場)
セレモ船橋駅北口ホール
千葉県船橋市北本町1‐3‐11
電話:047‐421‐4444
喪主)近藤淳(ご尊父)



gq1023 at 05:31
無くなってゆく遊園地中山しんたろう選手が大腿骨を骨折