片側の耳が聞こえない訃報)近藤湧也選手(26歳)

2019年03月29日

無くなってゆく遊園地

南海電鉄が大阪府岬町にある動物園&遊園地「みさき公園」の運営を、来年3月でて対すると発表しました。南海電鉄創業70周年記念事業として1982年に開業したので、あっという間につぶれる感じです。

関西では遊園地の閉園が続いています。阪急が経営していた宝塚ファミリーランドは、大人気コンテンツ宝塚歌劇団があるにも関わらず2003年に閉園となりました。今は活動休止中のお笑いDonDokoDonですが、ぐっさんこと山口智充と相方の平畠啓史が出会った遊園地です。甲子園の阪神パークも同じ年になくなりましたねえ。

あのバブル崩壊に伴う閉園ラッシュは衝撃的で、02年に小田急の向ヶ丘遊園が、04年には近鉄のあやめ池遊園がなくなりました。あやめ池なんてOSK日本歌劇団の劇場と野外ステージがあり、この野外ステージではスマップや光GENJIも上演しました。私はその頃パシリやってました。04年は関西空港開港とともにオープンしたりんくうパパラが閉園した年です。

阪急が経営していた神戸ポートピアランドは06年閉園。81年に開催された神戸ポートアイランド博覧会の一部として開園しましたが、神戸の人ですらなかなか行かない遊園地となってしまいました。同じ年には奈良ドリームランドもなくなりました。

09年の多摩テック閉園は記憶に新しいですよねえ。ホンダの遊園地だったのですが、東京の人でも行った事ないって方が多いでしょう。同じ年、大阪万博で設置されたエキスポランドも閉園になりました。

都市部でこうですから地方の遊園地はどんどん廃止になってます。子供の頃の思い出の場所がなくなるのはさみしいですけどねえ。これが時代ってことなんでしょうか?今はスマホゲーム全盛の時代ですから、これからも淘汰が進むと思うと残念に思ってしまうオッサンの朝です。

gq1023 at 05:28│
片側の耳が聞こえない訃報)近藤湧也選手(26歳)