シアトルでの思い出オレオレ詐欺もそうですが

2019年03月25日

ケングリフィーJr.とイチロー

kenケングリフィーJr.はシアトルマリナーズの大スター。1969年生まれの現在49歳ですが、すでに野球殿堂入りしてます。

MLBドラフト1位でシアトルマリナーズ入り。2年後の19歳でメジャーデビュー。翌年にはマリナーズが成績不振でレッズを解雇された同じくメジャー選手の父親ケングリフィーシニアと契約し、親子での先発やアベックホーマーも記録しました。

日米野球に親子で来たんで記憶に残ってる方も多いですよね。イチローがケングリフィーJr.にあこがれてるのは明らかでした。メーカーは違うけどグラブの網目とか似たのを使ってましたしね。

ただ、全盛期にマリナーズでは一緒にならなかったんですよねー。それは彼がマリナーズじゃない球団に行きたいと言ったから。そして結局2000年にレッズに行っちゃったんです。そこもヤンキースに行ったイチローと似てる。

そこからいろいろあったんですが、成績悪化でもう駄目だと言われてた09年にマリナーズに復帰。その時はイチローと一緒。復帰の年は指名打者で活躍してました。その翌年6月に、シーズン中でしたが引退しました。

引退翌年にマリナーズの特別コンサルタント就任。イチローは現役のうちにスペシャルアシスタントアドバイザー(会長付特別補佐)ですから、同じような扱いを受けてるってことです。まあイチローも野球殿堂入りするでしょうね。

全盛期に2人がマリナーズにいればねえ。全然違う物語になったでしょうねー。私がマリナーズの試合をよく観に行った時代は旧ユニフォームでした。いろいろ思い出しますねえ。今週も頑張って仕事しましょう!

gq1023 at 07:52
シアトルでの思い出オレオレ詐欺もそうですが