iPhoneと中国勝手にEU離脱を決めて勝手に延期

2019年03月21日

地上波放送が完全に若者を無視するようになった

2020民放は視聴率が命なのは事実ですが、そうなると人口ピラミッドを意識することになっちゃいます。つまり70歳前後と50歳前後だけを狙う番組作りになる。

まだルーズソックスや黒ギャルなんかが話題だったときは、まだテレビは若者文化を紹介してました。でもとうとう完全にやめちゃいました。もう朝から桜前線・大相撲・イチローですよ。オッサンとオバサンしか興味のない話題だらけ。

出演者のキャスティングもよく分からないことになる。うんなん・ダウンタウン・マツコって感じですかねえ。そんなの若者が見るわけないじゃん。

ってなことでYouTubeですよ。まだテレビのスイッチを入れれば地上波ってのが普通だから地上波って見ますけど、もはやスイッチ入れたらYouTube・Netflix・BS・CS・地上波って選択画面になる日も近いですよ。そうなるとYouTube見ますよねえ。

YouTubeで「妖怪ウォッチ」って検索すれば妖怪ウォッチの無限ループですよ。私も「MotoGP Crash」って入れて、ひたすらバイクレースのクラッシュシーン見てる時ありますもん。昨日は「銀シャリ」って入れて、ずーっと若手お笑いネタ見続けてました。

地上波は若者にも見てもらえるようにしたほうがいいと思いますけどねえ。あきらめたってことですかねえ。高齢者向けメディアとして生きていくんですかねえ。もう終わりが見えた新聞と同じ道を歩むんですかねえ。どんな若者が新聞購読すんだよって感じですよねえ。

なんか難しい時代だなあと感じてます。

gq1023 at 05:51│
iPhoneと中国勝手にEU離脱を決めて勝手に延期