依存症ってなんだ?台湾ITバブルが崩壊!?

2019年02月02日

特急あずさの停車駅減少

isaawa毎年3月に行われる大規模なダイヤ改正。今年JR東日本は中央本線の「特急あずさ・かいじ」のスピードアップが予定されていますが、周辺自治体や団体が猛反対しています。

理由は単純で、スピードアップが停車駅を減らして実現する形のため、停車列車数が削減される駅での反対運動が勃発しているのです。とくに塩山駅・山梨市駅・石和(いさわ)温泉駅は停車ゼロになるため猛反発。でもすでに情報がリリースされてるんでどうなりますかねえ。

去年のダイヤ改正ではJR九州が実施した大幅減便が話題になりました。ただ、利便性を損なうという意見もある一方、乗る人が少ないので仕方ないとの意見も出ていました。

都会では路面電車がバスに置き換えられ、電車も経済効率第一で運行されるのが当たり前になってるので、特急や急行の停車駅削減でトラブルなんて聞いたことないですが、観光地にとっては深刻な問題かも知れませんね。

特急あずさ・かいじは9両編成と11両編成がありますが、いつ乗っても結構な混雑なんで、それなりに需要はあると感じますが、確かに主要駅での乗降客が大半に感じます。途中駅の停車を減らして主要駅間の所要時間を減らすのは分からないでもないですがねえ。

私は石和温泉に行くときは高速バスです。所要時間は2時間と同じなのに、JR特急だと片道4,000円ぐらいかかるのに、バスだと半額ぐらいですから。ただ、2・3年前に駅舎が新しくなったので、1回電車で行こうと思ってただけに、ちょっと残念な感じはしてます。

まだ一部に単線区間があるんで、そこを改善するってのもスピードアップにはなると思いますが、設備投資が大変でしょうから難しい判断ですねえ。ちょいと気になってる話題でした。

gq1023 at 07:14│
依存症ってなんだ?台湾ITバブルが崩壊!?