吉田沙保里さんおつかれさまでしたいきなり!ステーキ急ブレーキ

2019年01月10日

自分がすごいわけじゃない

昔からの私を知る大企業のとってもエライ方からお言葉をいただき「はっ!」とさせていただいたので書かせていただきます。

「今のあなたはユルイ!」
「社員には社長と呼ばせなさい」
「社員も役職で呼びなさい」
「社長らしい身なりをしなさい」
「社員の役割分担を明確にしなさい」
「創業社長らしいカリスマ性を出しなさい」
「社長は社員を引きずり回しなさい」

そのとおりですね。昔は圧倒的な力の違いを見せつける感じでした。そのおかげで、同僚や先輩・後輩がうつ病になったりしましたが、仕事のできないヤツは死ねばいい的な感じでした。なんか高級車に乗ってブランド物しか持たないイヤミなヤツだったと思います。

そういう所がすっかり抜けて、高い飲食店にも出入りしなくなって、ブランド時計やネクタイも身に着けなくなったことが成長だとも思ってました。しかし、今の私は単にユルイだけだとご指摘いただきました。「もう一度トガレ!」という事だと理解しました。

昔は朝6時から会社に行ってギャーギャー叫んでたもんな―。ズボンに折り目がついてないだけで怒鳴ってたもんなー。食事行くぞと誘って「仕事が忙しい」なんて断って来たら「俺がヒマだと言ってんのかコラ」ってな感じでしたよ。

最初に言われたのは「社長を辞めるのか?」って話しでした。辞めませんよと言ったら一気に沢山の指摘を受けました。「全員辞めさせて自分一人のほうがいいと思ってるだろ!」とズバリの指摘も受けました。「昔から世の中全員をバカにしてる所がある」とも指摘されました。

要するに昔の尖った感じをそのままに、社長としてもっと威厳ある態度で組織づくりってのを考えろって事なんだと受け止めました。みんなで一つの仕事をするってことですよね。はい一番苦手なヤツです。でもやらないとね。

「あなたは天才だからいいとしても、社長である以上は社員と組織を育てる責任がある。楽しい事・苦しい事・黒字や赤字も社員全員で共有して改善して前に進める体制を作る義務がある」おっしゃる通りです。

「あなたはトークが上手い人を口ばっかり野郎、美味しい店に詳しい人を食う事しか考えないヤツ、パソコンができる人をオタクと呼ぶだろうが、多方面に精通した人なんて滅多にいないから、良い部分を拾い上げて育てないとダメ」あー痛い所突かれてチョー痛い・・・。

BMW5シリーズ乗ってたのいつだっけなーって振り返ると16年前でした。12年前には石垣島移住を本気で実行しようとしてましたからねえ。そこからいろいろ環境が変わって、ブランド品なんて身に着けなくなって、バイクレースとかやるようになったんだよなー。

急には変更できませんが、組織づくりってのを再考するようにしようと強く思いました。顧問先にはそういう指導するんですが、自社にも導入しようと思います。反省。

gq1023 at 05:13
吉田沙保里さんおつかれさまでしたいきなり!ステーキ急ブレーキ