アメリカvs中国の経済戦争吉田沙保里さんおつかれさまでした

2019年01月08日

都民ファーストから久々の離党

久々ですが都民ファーストの話題です。ニュースにもなってないかも知れませんが、昨日3名の新人議員が離党しました。「政策決定などにおいて党の意思決定が不明瞭」だからだそうです。勝ち馬に乗って当選させてもらったけど、もうお役御免ってことですかねえ。

そもそも、都議会にみんなの党から当選した議員たちの分裂騒動から都民ファーストって生まれてるでしょ。上田令子都議とか音喜多駿都議たちね。あの会派が「みんなの党」「かがやけTokyo」「都民ファーストの会 東京都議団」と名前が変わって、その2人が地域政党「都民ファーストの会」の1次公認になったわけですよ。

2016年7月31日 都知事選で小池知事誕生
2017年7月2日 都議会議員選挙 都民ファースト圧勝
2017年10月3日 上田令子都議・音喜多駿都議 離党し新会派「かがやけTokyo」結成
2018年10月 週刊文春11月1日号で音喜多氏のスキャンダルが出てお互いが1人会派に

もう都民ファーストは分裂解散ですよ。今年の選挙なんて勝てっこないもん。都民ファーストのホームページなんて新年挨拶すら載せてない(1/8 7:40時点)。誰も小池知事なんか向いてないし、誰もこの地域政党に未来があるなんて思ってない。資金がない政党なんて存在価値どころかマイナスしかないのは当たり前でしょ。

自民党ってのは全然違う意見を持つ人々を一つにまとめてる。旧民主は全然違う人々をまとめられなかった。政治ってのは一人一人の主義主張が違うんだから「大同小異」なんてあり得なくて「千差万別」なわけね。だけど数がなければ戦えないから集まる。

それが分からないとかイヤだって人は1人で戦えばいい。ただし、1人で戦うだけだったら議員になる必要ないわけですよ。何の意見も届ける機会はないし、提案が採択される可能性もないのに給料だけもらうってのは個人的には疑問があります。

小さい話しで言えばね、都民ファーストは品川区議会選で元都議の佐藤裕彦さんを候補に立てたんです。この佐藤さんは羽田新ルートの品川上空通過反対が主義。でも小池知事は品川上空通過賛成。なんで佐藤氏が候補者なのかってことでいろいろあったわけですよ。

そのいろいろって、佐藤さんは元自民党大物都議で、都民ファースト幹部の山内晃議員が元秘書。そこの決定の経緯が不明瞭なのが、前回選挙で品川ブロックトップ当選の新人森沢恭子議員は不満だったんじゃないですか?どうでもいいでしょ。だって当選したのは現職だった浜野健氏ですから。

今回は奥沢高広議員(町田市)、斉藤礼伊奈議員(南多摩)、森沢恭子(品川区)の3人が離党し、新会派「無所属 東京みらい」を立ち上げるそうです。品川区は自民党枠に空きないけどどうするんですかねえ。まあお手並み拝見です。

gq1023 at 08:00│
アメリカvs中国の経済戦争吉田沙保里さんおつかれさまでした