アメリカは日本と韓国を上手く手懐けてるチョコフレーク間違い発生

2019年01月06日

トランプさんは工場の意味を分かってない

大統領就任以前からトランプさんはアメリカに雇用を取り戻すと言い続けてるのですが、それはアメリカで製造業が再度息を吹き返すことが一番だと考えてるようです。

しかし、生産と言う仕組みがワールドワイドになっている現在において、小規模なパーツメーカーが消滅しているアメリカで、どうやって製品を組み立てろと言うのでしょう。もしやったとしても工場の労働力だって大きく外国人に依存してます。

一昨日の記者会見でトランプさんは「iPhoneをアメリカで生産してくれ」と言ってました。そして「アップルから最大の恩恵を受けているのは中国」と文句を言いました。事実でしょうか?

アップルは工場を持たず頭脳だけに徹したからこそ莫大な利益を上げているわけです。今のように急激に売り上げが落ち込んでも、外部製造なら事前予測数字から減らして確定発注するだけでリスクゼロ。でも自社製造だったら社員が一気に解雇されていたかもしれません。

工場って物の意味が分かってないのかもですねえ。アメリカには何の部品メーカーもないですからねえ。結局中国で作った部品をアメリカに送らせて組み立てだけやることになるわけですよ。マウスコンピューターみたいな感じ。あれ日本製って言ってますもんね。

そりゃあ最終組み立てをアメリカでやればMade in USAって書けますけど、コストがかかるだけですよ。中国でパッケージまで入れて完成させるほうが安上がりですし確実です。しかもどうせアメリカだからユニオン(労働組合)組んで賃金闘争やって休日もしっかり取るんでしょ。そんな製造方法で世界のスマホメーカーと戦えるわけない。

まあトランプさんからしたらiPhoneが40%ほど高くなってもいいって判断なんでしょうねえ。有機ELディスプレーの工場なんてアメリカに新規設置したらもっと値上がりするかもですよねえ。大統領には常識の範疇でお話ししてもらいたいもんだと極東の1人のガラホオジサンは思ってます。

gq1023 at 07:06│
アメリカは日本と韓国を上手く手懐けてるチョコフレーク間違い発生