「ほうれんそう」時代の終焉厳しい1年

2018年12月28日

ロックオンはアカン

韓国海軍が弱いってのは昔から有名ですが、今回は海上自衛隊のP1哨戒機にロックオンレーダーを照射したのに「やってない」と言い張ってます。いろんな言い訳が出て来てますが、どれも見ても「韓国って大丈夫???」ってレベルです。

「北朝鮮漁船の捜索にレーダーを使用しただけ」
「日本の哨戒機を追跡する目的でレーダーを運用した事実はない」
「(自衛隊からの無線の呼びかけは)電波が弱く雑音がひどくコリアコースト(韓国海洋警察)という単語しか判別できなかった」
「ある国の軍艦上空で哨戒機が低空上を通過するのは異例的な飛行」
「哨戒機の特異な行動に対して追跡レーダーに装着されている光学カメラを回して監視したが一切の電波放射はなかった。

というのが韓国国防省の公式な言い訳ですが、消息筋の声として「威嚇飛行をしたのは日本の海上哨戒機」なんて声まで上がってるから日本政府が公表してるわけでしょ。「ロックオン」って即座に回避行動が必要なわけですよ。一大事だけど即座に謝れば水面下で解決したでしょ。

全部信じるとして、低空を飛んでる哨戒機を監視はしたけど無線は電波が弱くて聞こえなかったと。うちの海軍は低空を飛んでる飛行機の無線すら聞き取れないような船なんですってこと?

防衛省の声明は以下の通り。
(1)火器管制レーダー特有の電波を、一定時間継続して複数回照射されたことを確認した
(2)海自機は駆逐艦から一定の高度と距離をとって飛行しており、駆逐艦の上空を低空で飛行した事実はない
(3)つの周波数を使って駆逐艦にKOREA SOUTH NAVAL SHIP HULL NUMBER 971(韓国海軍艦艇ナンバー971)と呼びかけた

これ、訓練通りなら海上自衛隊のイージス艦に連絡が入って即座に韓国軍の艦艇が撃破って流れでしょうからねえ。そんな危険な事態だったけど防衛省は「謝罪した上で再発防止に努めてね」と言ってるのに、韓国軍側は「やってないし知らない」って言ってるわけですよ。

再発防止はしないってことなんで、日本政府としては「次は即座に反撃します」って発表するしかありません。困った国ですなあ。

gq1023 at 05:30
「ほうれんそう」時代の終焉厳しい1年