バスのドライバーがいないゆとり教育・働き方改革

2018年12月05日

若い頃に残して来た夢は忘れない

47気が付けば50代。高校時代は山ほど欲しい物がありました。バイク・楽器・車とドンドン欲しい物が出て来ました。得体のしれない「俺は成功できる」的な自信もありました。「金さえあれば」的な気持ちも持ってました。

年々現実に追われるようになりました。バイクなんて考えてる余裕はなくなりました。持ってる楽器も押し入れに放置されました。毎日は生きるために費やされ、生活するためにギリギリの時間が続きました。そしていつの間にか歳を取り、死ぬまでにやりたいことを考えるような年齢になりました。

3年前、あこがれ続けたUSAフェンダーのジャズベースを手に入れました。2年前、24回払いでUSAフェンダーストラトキャスターを手に入れました。今年中にギブソンのレスポールを手に入れたいと思ってます。どれもせいぜい20万以内なんで、24回払いで月に数千年ですが大金です。

若いころは外車やブランド品を買ってました。もちろん見せびらかして自分が大物に見えるようにするためです。何の効果もなく、それでついて来る人もいませんでした。でも自己顕示欲を満たすために必要な投資だと思い込んでたんでしょう。

ここ10年は感覚が激変してきました。自己満足を満たしたいってのが強いです。バイクレースへの支援や様々なボランティア活動を積極的に実施して来ました。そしてここ数年は本当に欲しい物を手に入れないという保有欲が出て来ました。

「若い頃に残して来た夢は忘れない」

50代は元気に動ける最後の年代だと思ってます。バイク免許が欲しかったなら取ればいい。欲しい楽器があったなら買えばいい。遅ればせながら自分に正直になれるようになってきました。本当は欲しかったのに見栄えを気にして買わなかったハイエースも昨年購入しました。

じつは数か月間お酒を極力自宅で飲むようにしてました。月に3万づつ浮かしてたんです。そして手にした9万円を頭金にレスポールを買おうと思ってます。もちろん無駄と分かってますが自分の情熱なんで真っすぐ行きたいと思ってます。

このたび、中山しんたろう選手が大けがから復帰するそうです。そして来年の8耐をめざすそうです。そう「若い頃に残して来た夢は忘れない」ですよ。みんなが頑張ってる姿に影響を受けてる私です。

gq1023 at 03:36│
バスのドライバーがいないゆとり教育・働き方改革