「イッテQ!」やらせの件について自動車の価格でデフレを体感

2018年11月18日

都民ファーストの会・希望の党について

41e35a2b.jpg各政党のホームページにあるニュースリリースは必ず見てるのですが、都議会最大会派「都民ファーストの会」だけは更新がほとんどありません。8月までは積極的でしたが、9月は19日に2件のみ。10月は22日に1件のみです。

あのブームってなんだったんですかねえ。都民って不思議ですよねえ。気分で投票するから国会議員ですら簡単に連続当選できない。都民ファーストの会が都議会最大会派になったのは都民のせいですよ。小池知事が誕生したのも都民のせいですよ。

小池知事が仕掛けた希望の党ってグチャグチャになって消えたじゃないですか。あれって誰か反省の弁って出しましたっけ?若狭さんが反省してる感じだったけど、細野さんとか長島さんって謝罪とかしましたっけ?

安倍総理の前は民主党政権ですよ。2年前の春に維新の党と合体して民進党に。その夏にブームが起きて小池都知事誕生。秋には希望の塾が開始。昨年7月に都議会議員選挙で都民ファーストの会圧勝。その勢いで希望の党誕生。昨年10月の総選挙直前に大量に議員が移籍。

その結果ボロ負け。小池ブームを一気に消し去ったのは旧民主党所属議員達のグダグダにあったと思いますが誰も謝らない。まあ謝ってる余裕もなく落選して無職になった人が沢山いましたからしょうがないですね。

ただね、小池知事と都民ファーストの会にも一定の責任はあると思うんですよ。国政に打って出て、金も人も送らず選挙ノウハウを教えもせず235名もの公認を出した。結果は50議席で54議席の立憲民主にも負ける惨敗でした。

その投票日に小池さんパリでしたからね。公務と言っても逃げた感が出てたなあ。選挙前から苦戦が分かってましたからね。その火を消したのは本人の一言ですよ。「(民進党議員を)全員受け入れるようなことはさらさらない」あの瞬間風が変わりました。

東京都内小選挙区で希望の党って1勝23敗ですよ。東京で火が消えてるのに全国で戦えるわけがない。

そして今どうなってるかというと、衆議院は自民282、立民58、国民37、公明29、無所属の会13、共産12、維新11、社民2、希望2、未来2、自由2、無所属13です。参議院も全242人中で希望は3人。今年の5月にバラバラになって、大半が民進党と合流して国民民主党になったんです。

「へー民進党もなくなってたんだー」って感じですよね。野党が「立憲民主党」とか「国民民主党」なんて言って分裂してりゃあ与党に勝てるわけね―じゃねーかって感じ。

来年4月には統一地方選です。都民ファーストの会は21名の公認候補予定者を発表してます。ホームページ更新すらままならない中で、どんな活動を見せてくれるのでしょう。もう都議会定例会なんですがね。

次の都知事選や都議選ではどうなるのかなあって情勢ですよね。私がそう思ってるんじゃうて都民の温度感ね。4月の練馬区補選で都民ファーストの会公認候補は落ちましたからね。知事のおひざ元ですよ。

飲んでる席で都民ファーストの会の話しを出しても周囲は「ああ、あったねえ」って感じ。急速に冷え込んでるって感じではなく「まだやってるの?」って感じです。

都民ファーストの会大躍進の都議選って去年ですからねえ。お笑いの「にゃんこスター」的な感じですよね。もう一度ブームを見せてくれるのか、もっと地に足の着いた活動で根強い人気を獲得するのか、しっかりと見ていきたいと思います。

gq1023 at 06:52│
「イッテQ!」やらせの件について自動車の価格でデフレを体感